So-net無料ブログ作成
検索選択

弱虫ペダル ネタバレ【446】 [ネタバレ(あらすじ)]

みなさま、こんにちは。

GWも終わり、既に5月も10日を過ぎました。
夏日になる地域もあったようですね。
朝晩の気温差がはげしいので、体調には気をつけてくださいね!


さて、今回は
弱虫ペダル ネタバレ【446】をお送りします


まずはあらすじからです!





スポンサーリンク










IH最終日、手嶋VS浦久保のスプリントバトル!!
闘いが決する橋の欄干まで残り400mを切ったところで、
青八木の脚が痛み出してしまい……!?


★目次はこちら★


前回を詳しく読みたい方は弱虫ペダル ネタバレ【445】をどうぞ!


<弱虫ペダルの電子コミックはこちらがオススメ! 立ち読みもカンタンです!>



勝利を確信する、広島呉南
決着が近づく状況に、総北は・・・!?


それでは、弱虫ペダル ネタバレ
 【446:青八木、最後の望み】のスタートです!!


橋に突入する4人

4人の背中を後ろから追う東村

東村
「のこり400m!! 

やった 並んでる!! のこり400mで
庭妻さん 浦久保さん 総北 手嶋 青八木

それは即ちボクたち広島の勝利を意味する!!

最終スプリントで2人の勝負になれば
総北 手嶋は浦久保さんに絶対に敵わない!!

完璧ですよ!!
 
この勝負 完璧に
浦久保さんの思惑通りだ!!

チップをかけさせクライマー手嶋に狙いをさだめ
バトルにもち込み この状況を造り出した!!

やり方はメチャクチャだ―― だが
浦久保さんの相手をしとめるという勝利への執念は
すさまじい!!

最後まであきらめなかった者が勝つんだロードレースは!!

敗北は確定ですよ 総北!!」



青八木
「(オレのミスだ この並ばれてる状況―――

のこり800mでとびだした時 オレが
少し躊躇して フル加速できなかったせいだ

オレに完全に迷いがなければ
純太を連れてヤツらに差をつけることができた

そのはずだった――――
すまない純太―――――)」

青八木の膝の痛みを後ろから見てとった手嶋

手嶋
「(青八木―――― ヒザが――――)」

うつむき、何か悟ったような表情で顔を上げる手嶋

東村
「のこり300m!!」

手嶋
「すまねェ青八木!! ムリさせちまって!!

けどもう少しだ あと150mだけ引いてくれ
そっからオレはスプリントする

そしたら…………… ゆっくり休んでくれ

ありがとよ ここまで引いてくれて」

青八木
「(純太……笑ってる 声でわかる
何で笑うんだ… 何でそうやって笑うんだ純太

オレはいつも――――
おまえの その明るさに心 救われるんだ――!!)」



青八木の回想

青八木
「(オレは暗い――― 昔からそう言われてきたし
自分でもそう思ってた

1人で練習できるという理由で始めた自転車も
レースは1人でエントリーして1人で出てた

誰のアドバイスもないから いつも前半トバしすぎて
後半でおいていかれる そんな調子だった)」


レース後同世代の数人が話しているのを見かけた青八木少年

青八木少年
「(……… 今日のレース キツかった坂の話をしてる
…………… 話しかけてみようか……)」

ドキドキしながら近寄ろうとする青八木少年

結局踵を返してしまう

青八木少年
「(…………… やめとこう オレたぶん何も話せない

オレ暗い上にマジメだから話つまらないってよく言われるんだ
ハジメじゃなくて”マジメ”って密かにクラスで言われてる…

高校入ったら部活入るか… 総北は自転車部があったな
そしたら……誰かと自転車の会話できるかな)」


青八木
「(そこで 純太と会った)」


学校の通学路の坂を自転車で登ってきた青八木に
手嶋が声をかける

手嶋1年
「キミけっこー登るね 見てたよ
オレ 南中出身の手嶋純太 キミは?」

青八木1年
「…………… 青八木 は…一
いちばんの いちだ」

手嶋1年
「一っつのはやっぱ優勝だろ レースでの!! だよな
一回でいいから優勝とってみてーな」

青八木1年
「……………」

無言でうなづく青八木

手嶋1年
「だよなっ」


青八木
「(純太はよく話しかけてきた 

こっちが照れるくらいに――― 

オレは言葉を返せなかったが
なぜかウマが合ったのか 純太はいつも笑っていた)」


手嶋1年
「あの日のフォレストレース おまえもでてたのか」

青八木1年
「…………」

うなづく青八木

手嶋1年
「斜度10%つづいてさ」

練習中も青八木に話しかける手嶋

手嶋1年
「4組の東戸てのもやってたんだよ自転車」

青八木1年
「(よく……… 笑うやつだ)」

手嶋1年
「キツかったワ マジキツかった 今日の練習
なァ 青八木」

青八木1年
「オ…オレとばかり 話して退屈じゃないのか
……………手嶋」

手嶋1年
「いやぁ おまえマジメにオレの話を聞いてくれるだろ―
オレは楽しいぜ!?」

青八木1年
「………」

照れて胸が熱くなる青八木


青八木
「(オレはいつも純太にパワーをもらった

1年のインターハイのあと オレたちはチーム2人を
結成した 

そして純太は 
オレを5回もの表彰台に送りこんでくれた

自分ばかり表彰台に上がって申し訳ないと何度か
あやまったことがある)」


手嶋1年
「いやぁ オレたちの力でやれるってことを証明できたんだ 
オレは満足してる うれしいよオレは」


青八木
「けど その度純太は 笑ってくれた 喜んでくれた
その度 オレは 心が熱くなって 
一つずつ強くなれていった気がした
何度もおまえの明るさに救われたんだ)」


div style="text-align:center;">


必死に前になって手嶋を引く青八木

青八木
「(迷い 悩み 苦しんでいる時 いつも純太
おまえは側にいてくれた 笑っていてくれた

自分をいつも犠牲にして オレを勝たせてくれた
さっきだって―――――オレのことばかり案じて

ありがとうはこっちのセリフだ)」

東村
「のこり200m!!」

青八木
「(純太 オレは おまえに 勝ってほしいんだ!!

願いがもし叶うなら 
のこり200mの間だけ
この痛み消えてくれ!!

オレはまだ純太に この 
インターハイを走ってほしいんだ!!)」

雄叫びをあげる青八木

手嶋
「青八木ィ!!」

青八木
「(だけど それも 叶わないのか)」

手嶋が前に出る

手嶋
「行ってくる!! 幸運を祈っててくれ!!」

庭妻も浦久保に合図する

庭妻
「今じゃ 出ろ!! 優策ゥ!!

橋のおわりのラインまでのこり150m!!

最後のスプリント開始じゃ!!」

青八木
「(最後のスプリントで勝負するのは――――
『純太』だ)」

浦久保、手嶋の両者前に出る

庭妻
「力の差は歴然じゃ!! 優策!!

おまえの空気を切り裂く走りで 勝ってこい!!
優策!!」

庭妻は浦久保の背を押し出す

青八木
「純太ァ!!」

同じように手嶋の背を押そうとする青八木

一瞬手を止める

青八木
「(終わりなのか もう勝つことはできないのか 純太が
いや ダメだ まださがせ ギリギリまであきらめるな)」

青八木の脳裏に金城の顔が浮かび上がる

青八木
「あきらめたらロードレースは終わりなんだ!!」

手嶋の腰に手をあてる青八木

青八木
「純太ァ!! 
絶対にあきらめない それがチーム総北の
―――――――――… ………!! !」

青八木が何かに気づく

青八木
「純太 ひとつアイデアがうかんだ」

手嶋
「え!?」

びっくりして振り返る手嶋

青八木
「説明してる時間はない 

実行する!!」

-----------------------------------------------------------------------------


★あなたもブログを書いてお小遣いを稼いでみませんか?★

   ↓ ↓ ↓



-----------------------------------------------------------------------------


**感想***

今週もバトルの決着つかず――!!!

でもさぁ、やっぱり短時間でみんな過去を振り返り

すぎだって(笑)

ここだけ時間がドロンと伸びてますよ絶対!!


勝ちを確信した広島 浦久保はもうスプリントスタート

しちゃってます

ここでのこり150mにどんな秘策が???

青八木さん、何を思いついたんでしょうか?

最後まで2人で走るのかなぁ

最後の最後、ラインの手前でドンと背中を押すんでしょうか?

いやいやもっと驚くような秘策が!?

そこまで青八木さんの膝は持つのか?


ここでなんとか広島に勝っても、この先広島が「お先にどうぞ」

って先に行かせてくれるわけないと思うんだけど

そもそも広島の先にいる京伏との勝負はどうなるんだ?


早くこのスプリントバトル終わってその後が知りたいんですけど


今回はこれでおしまいです。


最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

次回もどうぞよろしくお願いいたします。


★目次はこちら★


★最近の記事はこちら★

弱虫ペダル ネタバレ【445】

弱虫ペダル ネタバレ【444】

弱虫ペダル ネタバレ【443】

弱虫ペダル ネタバレ【442】

弱虫ペダル ネタバレ【441】

弱虫ペダル ネタバレ【440】




スポンサーリンク






nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
外為ジャパンを紹介