So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

弱虫ペダル ネタバレ【530】 [ネタバレ(あらすじ)]

みなさま、こんにちは。

さて、今回は
弱虫ペダル ネタバレ【530】をお送りします

U-NEXTで「弱虫ペダル」全シリーズが絶賛配信中!

しかも31日間無料お試しだよ!

詳しくはこちら





まずはあらすじからです!

委員長の前で更に速度を上げた真波に話された坂道だったが、
仲間への感謝を胸に再び真波に追いつき!?


★目次はこちら★


前回を詳しく読みたい方は弱虫ペダル ネタバレ【529】をどうぞ!

<弱虫ペダルの電子コミックはこちらがオススメ! 立ち読みもカンタンです!>




互いに
見据えるのは、
たった一つの”優勝”!!

それでは、弱虫ペダル ネタバレ
 【530:闘う資格】のスタートです!!


観客!!
「山王 ハコガクに並んだ!!」
「ゴールまでのこり―――700m!!」

「両者並ぶ!!」

「箱根学園 王者の意地と山王 前年度優勝者の意地がぶつかる!!」
「650m!!」

コーナーで前に出る小野田

真波はイン側にコースを変えて、強引に内側から前に出る

自転車がぶつかる2人

真波
「(獲る!!)」

小野田
「(届けるんだ!!)」

ぶつかりながらも、ペダルを踏むのを止めない2人

真波
「(ゴールを!!)」

小野田
「(ジャージを!!)」



650m先のゴール地点には金城、田所、荒北の3人がレースの行く末を見守っていた

アナウンス
「700m地点を過ぎて先頭2人はまだ拮抗状態です
最後のゴール 総北高校対箱根学園
さあ どちらが栄冠を手にするのでしょうか」

荒北
「どっちが…か オワってみなけりゃワカらねェのがロードレースだ
けどォ 金城ォ もし 予想を言えつんならこの勝負 オレの
想像する軍配は――― 圧倒的に真波だ

荒北が言うのを、じっと聞いている総北OBの2人

荒北
「ヤツはこの1年苦しんだ

オレも最初はフシギちゃんだとか言ってメンバー入り反対してた
くれぇだが実力はあった

そして更に負けがあいつを強くした 東堂もそう言ってたしな
実際あいつは目つきがかわった ニオイもな

集中力が更にアガるようになったつうのかトボけてるくせに
ニオイが濃くなった

確かに小野田チャンもがんばり屋だ この1年がんばったと思うぜ

けど この頂のゴールラインを最初に割るヤツにゃ
それなりの”資格”がいる

1年目 何も知らずに勝って 優勝の栄光手にして 

そのあとの峰ヶ山でも優勝飾って 
元気一杯明るく楽しくすごしてきたヤツにゃあ―――

おっと 悪いな金城悪口じゃねェぜ 冷静な判断ってヤツだ
そのカベは突破できねェ………!!」



真波のペースアップに小野田は反応できず、少しずつ差がひらく



荒北
「もし のこり500mが近づいて 
もしそこで10m以上の差がついてたら
そん時は先走ってるヤツの勝ちだ

一対一でのこり500となりゃ体力使い果たして
あたぁ 気力の勝負になる

気力てのはそれまでの積み重ね―――

失敗や悔しさ どうにもならねェ想い そいつが下支えになるんだ
そいつを持ってないヤツは―――正直勝てねェ!!」



小野田
「(先に行かれた!!) ああ もう… ああっ
(何やってるんだボク さっきぶつかった時足をねじって右足の
ビンディングが外れたんだ―――それがなかなかはまらない!!
差がついちゃう!!)」

観客
「ハコガクとの差が広がる!! 
5m… 6m…いや その差8m!!

小野田
「(ここでの差はたぶん致命的なものになる!!)」

焦る小野田

観客
「ゴールまでのこり 600m!!
「更に差が広がってる!!」



ゴール地点で待つOB3人

荒北の発言に、静かに話し出す金城

金城
「”どうにもならない想い”―――か
もしそれがゴール前を闘い 生き残る条件だとすれば
あるな 小野田にも その”資格”が!!

驚く荒北

金城
「荒北から見て 小野田は順調に成長してきたように見えるか」

荒北
「あ!? 優勝者のプレッシャーってヤツか?」

金城
「いや… それじゃない 
ほかのチームの連中にはピンとこないだろう…

ヤツは インターハイの優勝とほとんど同時に
大切なものを失ったんだ

憧れて――――― 心から憧れて

インターハイを一緒に走り 常にアドバイスをもらい 
目標にしていた先輩が 突然 目の前からいなくなった

出会って数か月だったが 同じ脚質ということもあり
小野田はその男に魅かれ 傾倒していった

勝利にモチベーションを持たないあいつにとって
一番大切だったのは つながりだった

友や先輩とつながるために自転車にのる――――
ヤツはそういう男だ その男が失ったもの―――

少し語ろうか この一年の小野田と 
オレが総北のキャプテンとして最後にした仕事とのことを」






****感想****

荒北さん語ってます

真波くんの苦しかったのも、自分を削るみたいな練習も見てきたん

ですもんね そりゃ語っちゃいますよ

でも小野田くんだってのほのんと1年を過ごしてきたわけじゃない

今泉くんが「小野田は2年生になる時に自転車部を辞めちゃうかも

しれない」と覚悟してただけのことはあったわけです

巻島さんはほとんど何も言わずにイギリスに行っちゃいましたからね

親鳥のうしろをついて歩いてたら、突然目の前の親鳥が飛んでっちゃっ

た訳ですよ そりゃ喪失感と言ったらないでしょう

もともと自転車が好きで始めたわけでもないし、絶対勝ちたい!!

とかもないわけですし、アニメ同行会を作りたいからその引き換え

条件で部に入ったようなもんですしね

金城さんが何をしたのか、何を語ったのか気になりますね

来週は小野田くんの過去回ッポイですね

で、問題の500m地点が巻島さんと東堂さんがいる地点だと予想!!

そこまでに追いつけ小野田くん!!


今日はこれでおしまいです。
来週もどうぞよろしくお願い致します。



★最近の記事はこちら★

弱虫ペダル ネタバレ【529】

弱虫ペダル ネタバレ【528】

弱虫ペダル ネタバレ【527】

弱虫ペダル ネタバレ【526】

弱虫ペダル ネタバレ【525】



nice!(3)  コメント(0) 

弱虫ペダル ネタバレ【529】 [ネタバレ(あらすじ)]

みなさま、こんにちは。

さて、今回は
弱虫ペダル ネタバレ【529】をお送りします

U-NEXTで「弱虫ペダル」全シリーズが絶賛配信中!

しかも31日間無料お試しだよ!

詳しくはこちら





まずはあらすじからです!

去年のIHで負け、立ち直れない時期が続いた真波
しかし、ひとつの真実に辿りつき、見事復活
今年はゴール付近で坂道を抑え…!?


★目次はこちら★


前回を詳しく読みたい方は弱虫ペダル ネタバレ【528】をどうぞ!

<弱虫ペダルの電子コミックはこちらがオススメ! 立ち読みもカンタンです!>




陰ながら真波の様子を追い続けた
委員長が見守る中、
この大一番、真波が前に出た!!

それでは、弱虫ペダル ネタバレ
 【529:声、届け】のスタートです!!


先頭を走る真波

観客の大声援の中にいる委員長は、周りの声が大きすぎて自分の声が
真波に届かないと思い焦る

委員長
「(どうしよう さんがく もう来ちゃう!!
私 小さいから発見されない 声も届かない)」

しかし、先頭で来た真波の顔を見た途端、悟る委員長

委員長
「(ちがう さんがくは今 真剣に闘ってる
1年間の思いを遂げるために たった1人で頑張ってる

だったら私も 応援するだけでいい
声も届かなくていい 発見されなくっていい

精一杯 声をかける
あなたを応援して あなたにかける言葉―――――

おかしいね 1年前と同じ言葉だよ)

勝って さんがく!!

委員長の目の前を通り過ぎた真波は、こくっとうなずく

委員長
「(今… さんがく… 少しうなずいた?)」



ふり返らずに走り続ける真波

真波
「(いたなぁ 委員長 すごいなぁオレ(笑) 
これだけの歓声の中から委員長の声 聞き分けたよ

なんでだろ……あ この1年―――
委員長にたくさん話 聞いてもらってたからかな

『勝って』? ああ………)

『当然だよ オレ――― それをしに来てるんだ』!!

真波は更に加速する

小野田との間に少し差がつく



小野田母はスマホを握りしめながら、息子を迎える

小野田母
「来た… 来た 来た 息子!!

(坂道!! がんばった顔して 歯くいしばって 汗もたくさんかいて 
走ってる!! 今すぐ汗ふいてあげたいけど

近ごろのあんたなら『いいよいいよ』って遠慮するんだろうね
行きなさい!! あなたのやりたいことやりなさい!!)

追いかけなさい坂道!!

小野田
「はい!!」

息子を見送った小野田母は、スマホを握りしめていたせいで、
地面の写真が一杯取れてしまったことに気づく



真波を追いかける小野田

小野田
「(今 母さんみたいな声がした
思わずつられて『はい』って言ってしまった

『追いかけなさい』
昔 よく母さんに言われた言葉だ」)

幼い頃、藪の中に入ってしまったボールを追いかけることができずに
母に言われたことを思い出す小野田

小野田
「(だけど 母さん――― ボクはね 今はね 少しは成長したよ
ヤブの中にも1人で入っていける(たぶん…)

この道だって 1人で走っていける 前を追いかけることもできる!!
なぜだと思う? それはね 皆がね 先輩や後輩くんや友達が―――

皆がボクに たくさんの力と勇気をくれたからだよ!!
体はキツイ だけど 『追いかけるよ』!! 『前を』!!)」

小野田も加速する



観客
「見ろ 総北 少し離された差を…!!
もりかえして もう一度追いついて… 箱根学園に並んだ!!」


****************************************************************************


★★あなたもブログでお小遣いを稼げるってご存知ですか?★★

↓↓↓

詳しくはこちらをクリック!!


****************************************************************************


****感想****

たくさんの人がいたって、大事な人の声とか姿とか、ちゃんとわかるものですね

舞台の上からでも、家族の顔とかわかったりしますもんね

しかし小野田くんの、お母さんの声はまあわかるけど、真波くんのは

やっぱりラブの予感でしょうか??


一進一退のデッドレースを繰り広げている真波くんと小野田くん

疲れ具合からいって真波くんが有利かと思いましたが、小野田くんも

負けてませんね

きっちり並んでます! 追いついてます!!

このまま巻島さんと東堂さんの前を通過でしょうか

あの2人は声をかけることはないだろうけど、立ってるだけでオーラが

違うって感じで、走っていてもちゃんとわかりそうです


並んだままゴール直前か、小野田くんが前に出るか
小野田くんが先頭になったら、ゴールで抜かれるフラグのような

気がしてならないので、このまま並んだまま行って欲しいなぁ

でもカーブを並んだままだと、外回りの方が不利だろうしなー

巻島さんのいるところが最後のカーブな気もするしなー 

うーん 決着の予想がまったくつきません


今日はこれでおしまいです。
来週もどうぞよろしくお願い致します。



★最近の記事はこちら★

弱虫ペダル ネタバレ【528】

弱虫ペダル ネタバレ【527】

弱虫ペダル ネタバレ【526】

弱虫ペダル ネタバレ【525】

弱虫ペダル ネタバレ【524】

nice!(3)  コメント(0) 

弱虫ペダル ネタバレ【528】 [ネタバレ(あらすじ)]

みなさま、こんにちは。

さて、今回は
弱虫ペダル ネタバレ【528】をお送りします

U-NEXTで「弱虫ペダル」全シリーズが絶賛配信中!

しかも31日間無料お試しだよ!

詳しくはこちら





まずはあらすじからです!

IH最終日
激しい優勝争いをする真波と坂道は、ついにゴールまで残り1kmに突入!!
一方、ゴール付近で坂道の母とまさかの再会を果たした委員長は、1年前からの真波の姿を思い出していた
IHで負け、自分を責める真波は何回も倒れるほど練習を繰り返し…!?


★目次はこちら★


前回を詳しく読みたい方は弱虫ペダル ネタバレ【527】をどうぞ!

<弱虫ペダルの電子コミックはこちらがオススメ! 立ち読みもカンタンです!>




あの冬の日からずっと待ちわびた
勝負の決着が
今まさに訪れる!!

それでは、弱虫ペダル ネタバレ
 【528:委員長が聞いたもの】のスタートです!!


1人ローラーの上で自分を追いこむ真波

真波
「(勝たなきゃダメだ 勝たなきゃ…
ここから全レース勝たなきゃダメだ 部内のレースも公式戦も
もっと もっと 最強に強くなって!!)」


部室の外からそんな真波を心配して見ていた委員長は、東堂から声をかけられていた

委員長
「…… 『ひとつの真実』―――ですか」

東堂
「そうだ… それに自ら気づくまではヤツは戻らない」

委員長
「だ…だったらそれ言ってあげてください その真実を教えてあげて
ください さんがくに!! すぐに!!」

東堂
「無論 言っているよ 何度もな オレも福富も新開も
だが”聞く”のと”理解する”のとでは違う

聞いたものが身体の中をくぐり 腑に落ちるのには日数がかかる

”真波を楽にしてやりたい” その気持ちはオレたちも同じだよ

伝統ある王者 箱根学園自転車競技部の 
格式あるインターハイでの敗北――――

しかも 自らが最終走者となって――― 

それはヤツが…まだ1年生のあの男が そのまだ細い背中で
本来背負いきれるものではないのだから

バランスを崩し、ローラー台から真波が倒れ落ちる派手な音が聞こえる

中の様子に気をとられる委員長

背を向けて立ち去ろうとする東堂

委員長は東堂を呼び止める

委員長
「あの 私… 何もできません…………
レースも行ったけど… 何も言えませんでした

気のきいたこと言えないし 自転車のこともレースのことも正直よく
わかりません……

だけど だけど何か私にできることありませんか」

委員長の決意のこもった目に、東堂は言葉を返す

東堂
「話を聞いてやれ 
何も返さなくていい うなずくだけでいい いつものように
ヤツの駄話を」

委員長
「はい…」



それからの委員長は真波の話をひたすら聞いた

道端での立ち話も、学校の廊下での立ち話も、大荷物を持ったままでもお昼ご飯を食べながらでも



そうして季節が変わったある日

廊下でいつものように真波から声をかけられる委員長

真波
「あ 委員長 今いい?」

委員長
「あ… え まあ いいけど」

真波
「オレさ 見つけちゃったんだ」

委員会に行く途中だった委員長は、先に行ってもらうように言って、
どうせいつもの駄話だろうと思いつつ真波に向き合う

真波
「昨日 自転車乗ってる時 フトさ 
ひとつの――― そうだなー なんていうかなー
真実にたどりついたんだ」

それはあの日に東堂から聞いた言葉だった

東堂は「人は失敗するとすぐに取り返そうとする 必死でぬぐい
去ろうと慌てるがその間はぬぐえるものではない 

つまずき気のすむまでやり 力も感情も出しつくして空っぽに
なった時に 初めて真実にきづくものだ」と言っていたのだった



その日から真波は少しずつ変わり始め、元気になり始めた

3年生の追い出しレースをしたことも、雪の日に東堂に呼び出され
小野田と山道をレースしたことも、その後も委員長は聞き続けた

3月の先輩方の卒業式には遅刻せずにきて、真波は晴れやかな顔をしていた



委員長
「(さんがくは帰ってきた すごく自信をみなぎらせて
ぼーとした笑顔と共に)」

ゴール前で選手が上がってくる道路を見守る委員長

委員長
「(そして今 たくさんの苦難を乗りこえて あなたはここにたどり
つこうとしている

インターハイレースの最後の日 最後のゴール近くに)」

ドキドキと心臓の音をうるさいくらいに感じている委員長

委員長
「(あの日の言葉――――― 憶えてる?私は今でも思い出せるわよ)」

あの日、真波はこう言ったのだった

真波
「ひとつの真実にたどりついた

あがいて もがいて あわてても 
いうなれば意味のないことだった

積み重ねには敵わない シンプルなことさ 
結局そういうことなんだよ

インターハイの負けは――――
インターハイでしか払拭できないんだ」


観客
「来るぞ 先頭!!」

委員長
「(きっと 今年のインターハイは きっとさんがくは
きっと あの言葉を 実現させるためにこのステージに立ってる

私は何もできない 何も言えない だから 私は
精一杯それを応援する!! そのためにここに来たんだよ!!)」

柵をグッと握りしめて、大声を出す委員長

委員長
「さんがく!!」

その声にこたえるかのように、先頭で姿を見せたのは真波だった


****************************************************************************


★★あなたもブログでお小遣いを稼げるってご存知ですか?★★

↓↓↓

詳しくはこちらをクリック!!


****************************************************************************


****感想****

委員長かわいいですねー

真波くんともう夫婦のようだよね 内助の功ってやつですかね

ひたすら話に付き合って、うんうんって聞いてあげて

側で見守ってくれてる人がいるってすごく素晴らしいことなんだって

真波くんは気づいているかな?

ぼーっとしてるみたいだけど、

そういうことはちゃんとわかっていそうな気もしますけどね真波くん


レースの真実は「インターハイの借りはインターハイで返せ」

でした

江戸の仇を長崎で討つわけにはいかないんだということですね


さてゴール前に話が戻ってきました

先頭で来たのは真波くんです!

委員長がいる場所と東堂さん&巻島さんがいる場所とはどっちが

ゴールに近いんだろう??

残り何メートルくらいなんだろう??

小野田くんはどこに?? 小野田くん小さいから真波くんのうしろに

隠れちゃって見えてないだけかな??


そういえば、先週の表紙と今週の表紙、冬の山道に立ってる小野田

くんと真波くんなんですが、対になってる図案で素敵でした

これ何かグッズとかにならないのかな?

せめて画集とかに収録されて欲しいなぁ



今日はこれでおしまいです。
来週もどうぞよろしくお願い致します。



★最近の記事はこちら★

弱虫ペダル ネタバレ【527】

弱虫ペダル ネタバレ【526】

弱虫ペダル ネタバレ【525】

弱虫ペダル ネタバレ【524】

弱虫ペダル ネタバレ【523】


nice!(3)  コメント(0) 

弱虫ペダル ネタバレ【527】 [ネタバレ(あらすじ)]

みなさま、こんにちは。

さて、今回は
弱虫ペダル ネタバレ【527】をお送りします

U-NEXTで「弱虫ペダル」全シリーズが絶賛配信中!

しかも31日間無料お試しだよ!

詳しくはこちら





まずはあらすじからです!

IH最終日
鼻歌を歌い出した坂道が先頭の真波に追いつき、ゴールまでついに 残り1km!!
2人の戦いが激化する一方、ゴール付近では委員長が坂道の母とまさかの再会
坂道の母との会話の最中、委員長は一年前の夏からの日々を思い出し………!?


★目次はこちら★


前回を詳しく読みたい方は弱虫ペダル ネタバレ【526】をどうぞ!

<弱虫ペダルの電子コミックはこちらがオススメ! 立ち読みもカンタンです!>




白い吐息、かじかむ指
全てが夏とは違う冬の道
でも自転車があればどこだって…

それでは、弱虫ペダル ネタバレ
 【527:一年前の夏】のスタートです!!


1年前の夏

委員長は箱根で行われた自転車レースに真波が出るということで応援に行った

間近でレースを走る真波に、懸命に声援を送る委員長

上の方から大きな歓声が起こるのを聞き、真波が勝利したと確信する
委員長の耳に、箱根学園が負けたというアナウンスが届く

学校のテントの沈んだ雰囲気に、声もかけることができず、山を下る
バスに乗る委員長

委員長
「(そういう時だからこそ 声をかけてあげた方がよかったかな…
でもそれはでしゃばりすぎでしょ でもせっかく行ったんだし…
ああ どっちだろう)」


後悔した委員長は、自宅近くの木陰のベンチで、偶然を装い声をかけ
ようと待機する

しかし何日も待っても、練習の列に真波の姿は現れない


たまたま雨の日に出かけた途中、真波の自転車にすれ違う委員長

委員長
「わ」

真波
「あ やあ 委員長」

自転車を止め、振り返る真波

委員長
「ぐ… ぐうぜん!! ホントに偶然!!」

この数日何をしていたのか、さぼっていたのかと問い詰めたくなる
委員長だが、真波のやつれた顔に気づく

委員長
「(雨の日だから? 練習のあとだから? それともやっぱり一週間
前のレースの結果が―――)
ちょっ ちょっ ちょっと話す!?」

屋根のあるバス停のベンチに座り、話すことになった2人

委員長
「あ 雨の日も乗るんだね 自転車って」

真波
「夏は暑いからねー 雨降ったくらいが涼しくていいんだよ
濡れてもカゼひかないし て 言っても 久々に乗るけどね 
やっと少しだけ乗る気になったから」

真波は毎日自転車に乗っているイメージだった委員長は「久々」という言葉に動揺する

話題を変えようと焦るがインターハイの話題しか浮かばず焦る委員長

委員長
「そうだ!! 夏休みのプリント ちゃんとやってる!?」

真波
「インターハイ来てたね 委員長」

委員長
「る……」

真波
「観客バリアの向こうに見つけたよ 声もきこえた ありがとう」

委員長
「…あ どういたしまして

い… 意外にきこえるんだね選手に へ… へぇ―――
何か意外な感じね スピード速いから」

真波
「…うん きこえるよ… 皆の声や 部の先輩たちの応援の声や
『いけぇ』とか『頑張れ』とか『真波』とか きこえた―――

けど 応えられなかった 

応えなきゃいけなかったんだ
オレはバカだよ 先輩たちが――― 

福富さんや荒北さん 東堂さん 新開さん 泉田さん
先輩たちがやろうとしてたこと

………… その重さが 負けてはじめてわかったんだから」

うなだれて力なく話す真波

委員長
「(さんがく!! やっぱり………!!)
…げ 元気出しなさいよ!! 
さんがくらしくないわよ

ほら いつもは忘れてばっかりじゃない 宿題もプリントも
だから忘れなさいよ つらいことなんか ―――パパッて」

真波
「ありがとう 委員長 でも 出ないよ… 元気」

委員長
「………!!」

真波
「たくさん泣いた レースのあとも何度も でも何も変わらない
東堂さんって先輩が言ってた 時間がかかるって―――」

東堂は、真波は悪くないし結果を気に病むこともないが、最後の
負けがチームの負けとなると自ずと背負ってしまう、苦しくても

仕方ない、向き合えるようになるまでしばらくは耐えるしかないと
真波に話していたのだった

淋しそうに笑う真波の横顔に何も言えない委員長



家に帰り、真波を元気づけるための策を考え続ける委員長

昔真波がやっていたゲームを買い、プレゼントすることにする


委員長
「やってみたら!? ゲームは気分転換にもいいってテレビでも
言ってたわよ」

真波
「へ――― 珍しいね 委員長がオレに? プレゼント?これ」

委員長
「あ いや…ま そう だけど別に深い意味はないわよ」

真波
「ありがとう」

ニッコリ笑う真波に赤面する委員長

委員長
「やりすぎはダメよ 宿題もちゃんと…」

真波
「わかった―――」

少し元気になっていると思いホッとする委員長

しかし一人になった真波は前の表情に戻っている

真波
「……… 大丈夫… やらないから」



夏が終わる頃には部活にも毎日行き、自転車にも元気に乗っている様子の真波は、新学期が始まると以前同様に遅刻もするようになる

委員長
「また遅刻して!! もぉ―――」

言いながらホッとする委員長


でもそれは束の間の安堵で、そのあと何度も練習中や部内の練習レース中に倒れる真波

部員
「いや追い込みすぎだよあいつ あれだけやりゃ誰でも倒れるって」

「気持ちはわかるけどな やらずにはいられないんだよ」
「しょうがないよ インハイの最後のゴールで―――」

倒れるたびに保健室に駆け付ける委員長

真波
「いやあ また転んじゃったよ うっかりしててさ」

毎回そういってごまかす真波



部室のローラーで走り続ける真波

部員
「もう2時間になるぞ… 前は『ローラー嫌いなんで オレ』って
触りもしなかったのに…」

「おい また倒れるぞ 真波 その辺で…」

真波
「大丈夫です 大丈夫です」

汗をボタボタと落としながらもやめようとしない真波

部員
「ヤバイだろ」
「けど……」

部室の外からそんな真波を心配そうに見守る委員長

委員長
「(全然… 戻ってない… あんな怖い顔のさんがく 初めて見た)」

委員長に後ろから声をかける東堂

東堂
「真波の知り合いか 最近よく観に来てるな」

委員長
「あ はい 
あっ すいません 外からですので お邪魔はしませんので」

東堂
「心配だろう 今のヤツの様子は 
だが背負ってしまったからな オレたちが背負わせてしまった

ヤツは今 長いトンネルの中にいる 
残念ながら 戻らんよ しばらくは

ひとつの真実に 自ら気づくまでな


****************************************************************************


★★あなたもブログでお小遣いを稼げるってご存知ですか?★★

↓↓↓

詳しくはこちらをクリック!!


****************************************************************************


****感想****

真波くんがここまで落ちこんでいたとは!!

真波くんっていえば、いつもニコニコ、漂々としていて、何言われても

てへへっていうような、いい意味でのほほんとしてるイメージだった

けど、さすがにそんなことはなかったのですね

自分の負け=チームの負けなんだもんね 責任感じるよねそりゃ

確かに真波くん一人のせいではない

チームで戦ってるんだから、チームメンバー一人一人の力が少しずつ

足りなかった、そういうこと

でも自分があと少し頑張れば勝てたのにって思っちゃうよね


しかも絶対王者だった箱根学園だもんなー

ハコガクが負けるなんて!! って誰もが思っちゃうしね


真波くんの浮上するきっかけとなったのは何なんだろう?

春の江ノ島水族館での小野田くんとの再会??

だとしたら半年以上落ち込んでたのか?

けど、レースに出まくって、山で勝ちまくってた真波くんはいつ??

あの時は立ち直ってたっぽい気がするのですが


真波くんの立ち直るきっかけが、委員長だったらちょっといいですよね

恋愛漫画じゃないからさすがにそれはないかー(笑)


まだしばらく過去回想は続きそうですね


今日はこれでおしまいです。
来週もどうぞよろしくお願い致します。



★最近の記事はこちら★

弱虫ペダル ネタバレ【526】

弱虫ペダル ネタバレ【525】

弱虫ペダル ネタバレ【524】

弱虫ペダル ネタバレ【523】

nice!(3)  コメント(0) 

弱虫ペダル ネタバレ【526】 [ネタバレ(あらすじ)]

みなさま、こんにちは。

さて、今回は
弱虫ペダル ネタバレ【526】をお送りします

U-NEXTで「弱虫ペダル」全シリーズが絶賛配信中!

しかも31日間無料お試しだよ!

詳しくはこちら





まずはあらすじからです!

IH最終日
坂道は真波を追い抜き、引き離すも、追風を読んで加速した真波に一気に抜き去られてしまう
この危機的状況にもかかわらず、頭の中に「恋のヒメヒメぺったんこ」が鳴りはじめた坂道!!
足の回転数を跳ね上げ、再び真波に追いつくのだった…

★目次はこちら★


前回を詳しく読みたい方は弱虫ペダル ネタバレ【525】をどうぞ!

<弱虫ペダルの電子コミックはこちらがオススメ! 立ち読みもカンタンです!>




”羽根” vs ”ヒメヒメ”!!
IH最終日、異色バトルが…加速!?


それでは、弱虫ペダル ネタバレ
 【526:小さな再開】のスタートです!!


コーナーを回る真波と小野田

真波
「きた!! 見えてきた!! 

赤い逆三角形に”1”のフラッグ
ゴールまでのこり―――――

 1kmの目印だ!!

真波・小野田
「(のこり!! 1km!! 切った!! 
コース幅も狭くなる!!)」

フラッグの下を通り抜ける2人

観客の歓声が大きくなる

真波
「(しびれる 観客の声援!!)」

真波は体のピリピリしたしびれを感じる

真波
「(…あ んにゃ これ 体が限界に近い時のシビれだ!!
ギリッギリだ 『けど いけ』!!)」

小野田
「(苦しい!! 首が痛い 背中が痛い つま先の感覚ない
けど1km のこり1km 『それでも前へ』!!)」

真波と小野田の滴る汗が道路に落ちて音を立てる



ゴール前の沿道で1年前に会ったおばさんと再会した委員長

おばさんの喋りに圧倒されてしまう

委員長が被っている帽子が気づいたきっかけだったと話すおばさん

帽子は親切な学生さんにおばさんがプレゼントしたものだったらしい

小野田母
「そうか… 今思い出したわ あの子 
ちょうど1年前 あなたが応援してた 坂道の前 走ってた子だ」

帽子を上げた学生が真波だったと気づいた小野田母

小野田母
「フフ もうおつきあいしだしたのかしら? 彼とは」

いきなりそんなことを言われて焦る委員長

委員長
「へ!? ひゃっ いやいや 何言って おつきあい!?
まだ…… いや!! まだっていうか」

小野田母
「1年もあったのにぃ?」

委員長
「あ… え…… べべべつにそういうのじゃないですから
私はただ…」

小野田母
「若いんだから積極的にいったら? 
さわやかでいい子だったじゃない 彼」

委員長
「さわやかですけど!!」

小野田母
「好きじゃないの?」

委員長
「えっ やっ 私は好きだとは一言も……」

小野田母
「態度で丸わかりよ?」

委員長
「ひゃ~ わ 私はただ 今は 応援する だけで…
さんがくは今 自転車に夢中だから」

焦っていたのが一転、静かに話す委員長

小野田母
「しょうがないわね―――」

委員長
「いいじゃないですか 私は私の……」

小野田母
「男の子って すぐ夢中になっちゃうものね
こっちは心配してるのに」

道路を見やりながら言う小野田母

委員長
「おばさま…」

小野田
「うちの子はね あ 坂道ね メガネの
昔は ヤブにも一人じゃ入れないような いつも気後れする子でね

もっとしっかりしないかしら もっと積極的にならないかしらって
思ってたのに

近ごろは 練習で転んだーって言って自分でキズテープ張ったり
手伝おうかって言っても断ったり

一生懸命不器用にがんばってる横顔見てるとね
たくましくなったなーって嬉しいんだけど

遠くにいっちゃうなーって フト 淋しくなってね」

委員長
「(…あ)」

自分にも同じような感情があることに思い当たる委員長

小野田母
「皆のために―――――とか がんばらないと―――――とか言って
いつもあわてて 家をとびだして 

勝ったよーとか すごかった――なんて お土産話をもってくるけど
だけど違うのよねー こっちが願ってるのは――― ただ

無事に 帰ってきてほしいって それだけなのにね

そんな気持ちを知らずに、限界までの闘いに夢中になっている2人

小野田母
「だけど やっぱり勇姿は見たいじゃない? 
だから写真撮ろうと思って今日来たの!!

デジカメ 篠原さんの車に忘れちゃったけど!!」

交通規制のせいで先に車を下ろされた時にカメラを置いてきてしまったらしい

さっきから電話をしてるのに電波が悪くて繋がらないと言う

委員長
「あった―――っ それです」

小野田母
「ほほほ あらこれ電話よ 最新型の! 知らないの?」

委員長
「カメラついてます」

小野田母
「そうなの!?」

小野田母にスマホのカメラ機能の使い方についてレクチャーする委員長



委員長
「(私も応援に来た バスを乗り継いで
今年のインターハイはちゃんと 絶対応援しようと思ってここに来た

この1年 さんがくを私は ずっと 見てきたから)」 


****************************************************************************


★★あなたもブログでお小遣いを稼げるってご存知ですか?★★

↓↓↓

詳しくはこちらをクリック!!


****************************************************************************

****感想****

さすがの小野田母!! 天然ボケも際立ってます

スマホの最新型を買っておきながら、カメラ機能を知らないとか

そんなことあるのか!?


でもやっぱりお母さんですねー 

勝っても負けてもどっちでもいい 

怪我しないで無事に帰ってきてくれれば

うん お母さんの意見だよね

ちょっと昭和の男女関係引きづってる感じもしなくもないけど

演歌に出てきそうな(笑) 私ずっと待ってます~♪的な


委員長は今年の応援は「決意の応援」だったのですね

委員長が見てきた1年はどんなだったんでしょう

負けた後の真波くんはそれなりにヤケになったりしてたんだろうか?

いつもニコニコ笑ってる真波くんしか思い浮かびませんが

委員長だからわかる隠れた表情なんてのがあったんでしょうか?

来週はそのあたりの回想回のようですね


今日はこれでおしまいです。
来週もどうぞよろしくお願い致します。




★高回転通信268




***注目!!***
月額見放題配信サイトでTVアニメ「弱虫ペダル」全シリーズ絶賛配信中!!

U-NEXTほか、月額見放題配信サイトでTVアニメ「弱虫ペダル」全シリーズが配信中です。
この機会にお見逃しなく!!しかもU-NEXTは只今31日間無料キャンペーン実施中です。
詳しくはこちら





***別チャン***
別冊少年チャンピオン2月号より待望の「大学編」シリーズ、始動!!

1月12日(土)は舞台の別冊少年チャンピオン2月号より、待望の「大学編」シリーズが始動!。雑誌表紙のラフイラストを先行入手!
さらに「大学編シリーズ」の始動を祈念して「洋南大学クリアファイル」が特別付録でついてくる。
人気ある先輩たちが「1年生」として新たにステージに~必見



***アニメ***
弱虫ペダル Blu-ray&DVD BOX vol.3 発売中!!

TVアニメ「弱虫ペダル GLORY LINE 」のBlu-ray BOXとDVD BOX vol.3が10月17日(水)に発売されたぞ!
荒北のスペアバイク第2弾は今回で完結!
是非ゲットして思う存分に弱虫ペダルの世界を楽しもう!!


★映像特典

エンディングショートアニメ集

購入はこちらからどうぞ!





***イベント***
群馬県前橋市でチャリティサコッシュサイン会開催決定!!

JCX最終戦「2018-2019 前橋シクロクロス大会」の会場で、渡辺航先生がチャリティサコッシュサイン会を行うことが決まりました♪

今回、会場では総北、箱根学園、京都伏見の3種類のサコッシュが一挙登壇するぞ!

渡辺航先生描き下ろしの坂道&真波イラストを使用したシクロクロス応援グッズも販売の予定。

グッズを手に入れて渡辺航先生も出走する「C4A」のレースを熱烈応援しよう!!



***コラボ***
「弱虫ペダル」Design produced by Sanrio CAFE 初開催!!

サンリオがデザイン・プロデュースした「弱虫ペダル」のコラボレーションカフェが初開催しますよ!!
現在活躍中のキャラクターのほか、レジェンドも登場して合計21名の選手が可愛いカップに入ったキュートな描き下ろしで登場!!オリジナルのメニューや限定グッズ販売など、ここでしか体験できない空間を楽しもう!

日程:2019年2/13(水)まで
場所:46食堂 東京都豊島区東池袋1-29-4 成田ビル 4F
予約開始:2018年12/6(木)事前予約金:650円(税抜)

詳しくはHPで
https://yowapeda-sanrio-cafe.jp/





★最近の記事はこちら★

弱虫ペダル ネタバレ【525】

弱虫ペダル ネタバレ【524】

弱虫ペダル ネタバレ【523】

弱虫ペダル ネタバレ【522】

nice!(3)  コメント(0) 

弱虫ペダル ネタバレ【525】 [ネタバレ(あらすじ)]

みなさま、こんにちは。

今年もどうぞよろしくお願い致します。

さて、今回は
弱虫ペダル ネタバレ【525】をお送りします

U-NEXTで「弱虫ペダル」全シリーズが絶賛配信中!

しかも31日間無料お試しだよ!

詳しくはこちら





まずはあらすじからです!

IH最終日
真波を追い抜き、30m近く引き離した坂道!!
そんな状況も束の間、追い風を読み切り加速した真波に、坂道は一気に抜き返されてしまい…!?


★目次はこちら★


前回を詳しく読みたい方は弱虫ペダル ネタバレ【524】をどうぞ!

<弱虫ペダルの電子コミックはこちらがオススメ! 立ち読みもカンタンです!>




”羽根” vs ”ヒメヒメ”!!
IH最終日、異色バトルが…加速!?


それでは、弱虫ペダル ネタバレ
 【525:ハナウタ】のスタートです!!


真波に抜かされて、うつむく小野田

小野田
「ダメだ… 抜かれたのに… 
真波くんのすごい走り見てたら… 頭の中で…

『恋のヒメヒメぺったんこ』が鳴りはじめた

顔を上げた小野田の表情は楽しげだ



歓声の中を走る真波と小野田

観客
「真波先頭!!」
「箱根学園すげぇ!!」

「今 見たかよ」
「総北を一気にパスしたァ!!」

「3日目最後のゴールまでのこり1200m!!」
「速っええ!!」

「おおおおお」
「オレ今日この勝負観にきてよかった!!」

「真波すげぇ!!」

真波
「(ついてきてる?坂道くん
これまでヒルクライムレースのゴール間近でこの加速を見せると

たいていの選手は うなだれて失速する―――!! 必ず!!
キミは――― どうだい?)」

ふり返る真波


小野田は下を向いている

小野田
「ラブリー… チャンス… ぺたんこ… ちゃん」

観客
「山王 うなだれてる!!」
「ああ ガンバレ!! 一気に差がついちまうぞ」

「オレは去年インハイ観にきて総北に感動したんだ
負けても応援するぞ ガンバレ――――!!」

「いや まて 山王 何か言ってるぞ つぶやいてる!?」
「下向いてブツクサ…って たしかにチャンスがどうのってきこえた…

『もうチャンスがない』って言ってんのか!! あぁガンバレ」
「…いや」

小野田
「大きくなぁれ… 魔法かけても… ヒメは ヒメなの」

観客
「つぶやきじゃない 何かリズムが あれは―――― 鼻歌だ

上げた小野田の顔は嬉しそう

小野田
「ヒメなのだ…!! ああ何でだろう 不思議だ
『ラブ★ヒメ』は2期目が始まって 2期目のオープニングテーマ

『ヒメのくるくる片想い』もとてもいい曲なのに
今 頭に浮かんできたのは 1期目のオープニングテーマ

『恋のヒメヒメぺったんこ』だ!!
真っ白な♪ フフフフン♪」

鼻歌に合わせて足をぐるぐる回す小野田

観客
「聞いたことあるぞ 総北の山王 小野田は
レース中にハナウタが出ると ケイデンスが上がって

『速くなるって』

小野田
「ヒメは… ヒメなの…」

ギアを変える小野田

サドルから腰が上がり、加速する

小野田
「ヒメなのだ!!」

ふり返った真波は驚く

真波
「(近づいてる!? すぐうしろに!! しかも笑いながら!!)
すごい… 久しぶりだよ この感覚は」

真波も加速し、小野田が追いつく前にまた引き離す

真波
「ワクワクさせるじゃないか!! やっぱりキミは特別だよ!!」
観客
「総北が追いつきそうになって 間髪入れずに箱根学園また加速!!
引き離す!!」

小野田
「すごい… 加速だ… 真波くん… (あざやかだ)
ラブリーチャンス ぺたんこちゃん 大きくなあれ 魔法かけても
ヒメは ヒメなの ヒメなのだ!!

小野田は歌いながら真波に追いつく

小野田
「真波くんすごいよ!! やっぱりすごいよ真波くん!!」

真波
「はー そりゃあそっちもでしょ」

歓喜に沸く観客
「山王 箱根学園 真波に並んだァ!!」
「ややや やばいでしょ すげぇ!! 何だよ この攻防!!
両者――― 一歩も譲らない!!

真波は小野田に提案する

真波
「さっき… ゴールまで1100mのプレートをすぎた
ここまでほぼ1km 全力で走って 勝負はドローだ
残りは半分――― つけよう 決着
あとのこり1km行った先にあるのは 『ゴール』だ!!



その頃、委員長は真波の応援のためにゴール前に来ていた
強い日差しを遮るために、真波から預かった荷物の中から帽子を 取り出し被る

その帽子を見て声をかけてきたのは、以前も会ったことがある 小野田の母だった


****************************************************************************


★★あなたもブログでお小遣いを稼げるってご存知ですか?★★

↓↓↓

詳しくはこちらをクリック!!


****************************************************************************


****感想****

オタクパワー炸裂!!

よほど「ラブヒメ」の音楽はクライミングにあってるんですなぁ

前にも田所さんと一緒にやってたしねー

これはラブヒメの歌を全国のクライマーはちゃんと覚えて、

歌いながら練習するべきなのでは??

総北ではこの歌をかけながら練習するとか??


委員長、小野田くんの母に遭遇してました

でも小野田くんの母とは知らないんですもんね

ゴールした後に知るのでしょうか?

委員長なら知っても「ああそうなんですかーお疲れさまでしたー」

とかって全然動揺しなさそうですが

この2人、ロードレースのことほぼ全く理解してないですもんね

そこがいいんですけどね(笑)


今日はこれでおしまいです。

次回もどうぞよろしくお願いいたします。



★高回転通信267




***注目!!***
月額見放題配信サイトでTVアニメ「弱虫ペダル」全シリーズ絶賛配信中!!

U-NEXTほか、月額見放題配信サイトでTVアニメ「弱虫ペダル」全シリーズが配信中です。
この機会にお見逃しなく!!しかもU-NEXTは只今31日間無料キャンペーン実施中です。
詳しくはこちら






***別チャン***
別冊少年チャンピオン2月号より待望の「大学編」シリーズ、始動!!

1月12日(土)は舞台の別冊少年チャンピオン2月号より、待望の「大学編」シリーズが始動!。雑誌表紙のラフイラストを先行入手!
さらに「大学編シリーズ」の始動を祈念して「洋南大学クリアファイル」が特別付録でついてくる。
人気ある先輩たちが「1年生」として新たにステージに~必見




***アニメ***
弱虫ペダル Blu-ray&DVD BOX vol.3 発売中!!

TVアニメ「弱虫ペダル GLORY LINE 」のBlu-ray BOXとDVD BOX vol.3が10月17日(水)に発売されたぞ!
荒北のスペアバイク第2弾は今回で完結!
是非ゲットして思う存分に弱虫ペダルの世界を楽しもう!!


★初回生産限定特典★

1.渡辺航先生描き下ろし漫画ブックレット「弱虫ペダル SPARE BIKE 荒北靖友7」

2.「CyCLE TIME増刊号

3.スペシャルCD
  収録内容:弱虫ペダル GLORY LINE 」オリジナルサウンドトラック、オリジナルボイスドラマ完全版vol.3

4.大判ポストカード2枚セット

5.描き下ろしアウターケース、特製デジパック

★映像特典

エンディングショートアニメ集

購入はこちらからどうぞ!





***トリビュート***
「放課後ペダル」が月刊プリンセスにて連載中!!

「弱虫ペダル」愛にあふれたトリビュート企画「放課後ペダル」が月刊プリンセスにて連載中です。2月号では矢上真野先生の「勇者と呼ばれた男」を掲載しています。


詳しくはHPで
http://www.akitashoten.co.jp/princess



***月チャン***
「それいけアラキタくん」が月チャン2月号に掲載!

2019年1月4日(金)発売の月刊少年チャンピオン2月号の「新春ギャグフェスタ2019」に「弱虫ペダルスペアバイク それいけアラキタくん」の新作が掲載されますよ!。さらに特別付録として、渡辺航先生完全描き下ろしの「それいけアラキタくん超BIGポスター」が付いてくる! これは絶対ゲットですね!




★最近の記事はこちら★

弱虫ペダル ネタバレ 【524】

弱虫ペダル ネタバレ【523】

弱虫ペダル ネタバレ【522】

弱虫ペダル ネタバレ【521】



nice!(3)  コメント(0) 

弱虫ペダル ネタバレ【524】 [ネタバレ(あらすじ)]

みなさま、こんにちは。

さて、今回は
弱虫ペダル ネタバレ【524】をお送りします

U-NEXTで「弱虫ペダル」全シリーズが絶賛配信中!

しかも31日間無料お試しだよ!

詳しくはこちら





まずはあらすじからです!

IH最終日
坂道と激しい優勝争いを繰り広げる中、真波は先頭に追いつく前に黒田から聞いた”昔話”を思い出していた
黒田がどんな想いでハコガクを引っ張ってきたか聞いた真波は、
更に優勝への思いを高めつつ、先頭の坂道を見据え…!?


★目次はこちら★


前回を詳しく読みたい方は弱虫ペダル ネタバレ【523】をどうぞ!


<弱虫ペダルの電子コミックはこちらがオススメ! 立ち読みもカンタンです!>




天空の羽根王子
真波山岳、大空へ!!!


それでは、弱虫ペダル ネタバレ
 【524:真波、飛ぶ】のスタートです!!



真波
「(インターハイ3日目 最終ステージ―――――
ゴールは近い ラスト1400m―――――
そろそろ 飛ぼうか)」



先頭争いを繰り広げる小野田と真波

観客
来たぞ先頭!!
「総北が箱根学園を引き離してる!!」

「すげぇ安定したペースで総北 足を回してる!!」
「うしろとの差は 20…!! いや30m!!」

「昨年 個人総合優勝のゼッケン1番”山王” 小野田坂道!!

観客の声に、先頭にいることを意識する小野田

小野田
「(『先頭』…!! 今うしろをボクは30m近く離してる!!
のこり1400mをすぎたところで先行してる
『今ボクはゴールに一番近いところところにいる』!!)」

意識した途端に胸がドクンとなる小野田

小野田
「(え… 何だ!? ゴールを意識した瞬間に…!?
緊張してきた…!? え!? 『ゴール』

何かフワッとして 足の動きが鈍く感じる
何だ… 『先頭』…『ゴール』 意識してる…)」

頭をブンブンと大きく横に振る小野田

ふるえる手を、ハンドルをガンガン叩くことで止める

小野田
「(ダメだ まだ途中だ ダメだ 鎮まれ 
鎮まれ!! 鎮まれ!! 自分!! 強くあれ!!)」

小野田は腰をあげてダンシングに入る 

観客
「山王 ダンシング!!」
「体小さいのにすげぇ迫力!!」

それをうしろから見ていた真波は、目を輝かす

真波
「(また 持ち直した!! 

心のゆらぎがあった それで今 少しペースが乱れた
先頭を走るプレッシャー それに飲みこまれる―――ってヤツだ

先頭は有利だ――― だけど『敵』がいないわけじゃない

独走して 勝つかもしれないと自覚した時―――
優勝を『意識』した時―――

ミスしちゃいけないって気持ちが強くなりすぎて
普段はやらないミスをやってしまう

そのプレッシャーはささいなところからやってくる
小さな心のスキマに入ってくる

大きいタイトルであればある程
勝たなければならないって気持ちが強い程
スキマをぬって頭を支配し 体を硬直させ動かなくする!!

”敵”は自分自身
動かない体を焦って動かそうとして普段の動きが全くできなくなる

”勝利の前の沼”だと人はそれを呼ぶ!!
けど 今キミはそれをはねのけた!! 

手をハンドルに当て 震えを止めた!! 
渾身のダンシングでぬぐい去った!!)」

ダンシングしていた小野田は腰をサドルに戻す

小野田
「(落ちついてきた 大丈夫… 大丈夫…)
まだいける!! いこう!! このまま!!

真波
「(もとのペースに戻った!! すごいや 坂道くん
一人じゃ何にもできないって 口で言いながら
『まかされると強い』!!)」

歓声の中を走る2人

観客
「強ぇぇ総北!!」
「いけぇ」

「今年も総北か 最後のゴールは!!」
「伝説つくれ―――!! 山王!!」

「のこり1300m!!」
「やーまお!!」
「やーまお!!」

「つき進め―――!!」
「やーまお!!」
「山王ォ―――!!」

「2年連続優勝!!」
「いっけ―――!!」
「山王ォ―――!!」

「あ 風がでてきた」

真波が顔を上げる

真波
「キミは強い――― 
けど 残念ながらその快進撃は『そろそろ』だ!!
高原に吹いてるこの横風は 次のカーブを曲がれば」

真波がギアを変えるカチャンという音に気付き、振り返る小野田
小野田に迫る真波

カーブの終わりと共に真波の背に大きな羽が生える

真波
「追い風になる」

目を見開き、すかさず加速に入る小野田

しかし真波はすでに小野田をとらえていた

真波
「遅い そ れぇぇ」

あっという間に小野田の隣にいる真波

小野田
「ま… なみくん (ならばれた)」

ニッコリ笑いかける真波

真波
「気づいたのはよかったけど ちょっと 遅かったね
今度はオレが 『先にいくよ』坂道くん!!」

瞬く間に小野田を置き去りにする真波

大歓声が上がる

観客
「ハコガク 総北をぬいた!!」
「うそだろ 一気に!?」

「何だ 今の 変な加速したぞ」
「ハコガク真波!!」

「今オレ 一瞬背中に羽根みたいの見えた」
「何だ 今吹いた突風みたいの利用して!?」

「え!?」
「風の動きを読んで…… 合わせてギアを上げて加速したのか!!

あれが――― 
”天空の羽根王子(スカイプリンス)” 箱根学園 真波山岳

振りかえる真波

下を見ている小野田

観客
「山王を見ろ」
「うなだれている!!」

「そりゃそうだ 一気に形成逆転されたんだ… ダメだ…
オレなら落ちこんで足を止める!!」

「ガンバレー」

小野田に声援を送る観客たち

小野田
「強い… すごい 真波くん…」

観客
「のこり1200m!!」

小野田
「ぬかれたのに…… ダメだ…
なんでだろう 真波くんのすごい走りを見たら 頭の中で

”恋のヒメヒメぺったんこ”が鳴りはじめた

顔を上げた小野田の表情は、悔しさではなく歓喜にあふれている


****************************************************************************


★★あなたもブログでお小遣いを稼げるってご存知ですか?★★

↓↓↓

詳しくはこちらをクリック!!


****************************************************************************


****感想****

小野田くんってメンタル実は強いですよね

プレッシャーに潰されることもなく、過度な気負いもなく

これは『自分は託されてたまたま最後を走っているだけ』という

気持ちがそうさせるんでしょうか?

でもまぁ、単純に実力が伯仲してる相手との本気の勝負は楽しい

ものですよね

どっちが勝っても楽しい、嬉しい、そんな気持ちなのかな?

恋のヒメヒメぺったんこ、どんな曲なんでしょう?

また大声で歌いながら真波くんを追いかけるとか?

でも今回は周りに観客がいっぱいですよ!? そんな中で歌ったら

完璧に変な人扱いになりそうな気も

「山王・小野田、オタクパワーで抜き去る!!」とかって記事に

されちゃいそうな感じですけど、いいんでしょうか???


巻島さんの待ってる辺りに、大声で歌いながら走ってる小野田くんが

来たら、巻島さんに引かれそうですけど?

巻島さんが一緒に歌うことはないだろうしなー(笑)



今日はこれでおしまいです。

今年はこれで終わりです。1年間どうもありがとうございました。

次回は2019年1月10日です。

どうぞよろしくお願いいたします。




★高回転通信265




***注目!!***
月額見放題配信サイトでTVアニメ「弱虫ペダル」全シリーズ絶賛配信中!!

U-NEXTほか、月額見放題配信サイトでTVアニメ「弱虫ペダル」全シリーズが配信中です。
この機会にお見逃しなく!!しかもU-NEXTは只今31日間無料キャンペーン実施中です。
詳しくはこちら






***舞台***
舞台「弱虫ペダル」新インターハイ編~制・限・解・除~2019年5月公演決定!!

日程:
【東京】シアター1010 2019年5月10日(金)~5月19日(日)

【大阪】浪切ホール 2019年5月25日(土)~5月26日(日)

「弱虫ペダル」を原作とした大人気舞台待望の最新作が東京と大阪で上演されることが決まりました!!88888!
こちらは舞台の上で繰り広げられるインターハイ2日目の決着シーンをメインに、メンバーたちの熱い闘いに注目です。
聞くところによると、今回はお二人の先輩も登場するとか???
こちらは後日詳しくお知らせしていきますね。


***アニメ***
弱虫ペダル Blu-ray&DVD BOX vol.3 発売中!!

TVアニメ「弱虫ペダル GLORY LINE 」のBlu-ray BOXとDVD BOX vol.3が10月17日(水)に発売されたぞ!
荒北のスペアバイク第2弾は今回で完結!
是非ゲットして思う存分に弱虫ペダルの世界を楽しもう!!


★初回生産限定特典★

1.渡辺航先生描き下ろし漫画ブックレット「弱虫ペダル SPARE BIKE 荒北靖友7」

2.「CyCLE TIME増刊号

3.スペシャルCD
  収録内容:弱虫ペダル GLORY LINE 」オリジナルサウンドトラック、オリジナルボイスドラマ完全版vol.3

4.大判ポストカード2枚セット

5.描き下ろしアウターケース、特製デジパック

★映像特典

エンディングショートアニメ集

購入はこちらからどうぞ!





***コミケ***
今年も冬コミに「秋田書店」が参戦!!

期間:12/29(土)~12/31(月)

場所:ビックサイト東7ホール No.7051 コミックマーケット95 秋田書店ブース

今年の秋田書店ブースは「週刊少年チャンピオン」の50周年の前祝いって感じだ!
しかも、プレ50周年記念のコミケ商品のために、渡辺航先生と板垣巴留先生がスペシャルイラストを描き下ろしてくれましたよ。
この2つのイラストが「アクリルボード」や「ビッグ缶バッジスタンド」となって登場します。数量限定で発売される今冬の激レアグッズは見逃さないでくださいね!
もちろん、「弱虫ペダル」トレーディング缶バッジも登場するよ!

詳しくはHPで
http://www.chara-ani.com/pickup.aspx?p=akitashoten.c95



***月チャン***
「それいけアラキタくん」が月チャン2月号に掲載!

2019年1月4日(金)発売の月刊少年チャンピオン2月号の「新春ギャグフェスタ2019」に「弱虫ペダルスペアバイク それいけアラキタくん」の新作が掲載されますよ!。さらに特別付録として、渡辺航先生完全描き下ろしの「それいけアラキタくん超BIGポスター」が付いてくる! これは絶対ゲットですね!


★最近の記事はこちら★

弱虫ペダル ネタバレ【523】

弱虫ペダル ネタバレ【522】

弱虫ペダル ネタバレ【521】

弱虫ペダル ネタバレ【520】

弱虫ペダル ネタバレ【519】

nice!(3)  コメント(0) 

弱虫ペダル ネタバレ【523】 [ネタバレ(あらすじ)]

みなさま、こんにちは。

さて、今回は
弱虫ペダル ネタバレ【523】をお送りします

U-NEXTで「弱虫ペダル」全シリーズが絶賛配信中!

しかも31日間無料お試しだよ!

詳しくはこちら





まずはあらすじからです!

IH最終日
坂道との優勝争いの最中、真波は先頭に追いつく前に黒田から聞いた”昔話”を思い出していた
泉田新キャプテンのもと、再始動した箱根学園はある地方レースに出場
そのレースの中、黒田は他校の選手から不意に肘テツを受け!?


★目次はこちら★


前回を詳しく読みたい方は弱虫ペダル ネタバレ【522】をどうぞ!


<弱虫ペダルの電子コミックはこちらがオススメ! 立ち読みもカンタンです!>




ハコガクを想う熱き心が
満身創痍の黒田を突き動かす!!


それでは、弱虫ペダル ネタバレ
 【523:スイッチ】のスタートです!!


黒田の昔話

他校選手に押され、鉄柵に激突して落車した黒田

黒田
「(オレはふっとんだ
鉄柵でこめかみんとこ切ったんだろう 

すっげぇ血が出てあたたかかった
地面にたたきつけられてオレはしばらく動けなかった

時間にすりゃ30秒くらいだ
オレを押したそいつのことを考えた

レース自体は 格式はない草レースに近い
オレがこのまま倒れてもたぶん塔一郎か篠崎が獲ってくれる

チーム的にはそれで何も問題ない
故意の危険行為は後で申告すりゃあいい

けど!! 『オレ』は――― 悪ィな オレは黒田雪成!!

箱根学園バカにされて 地面で寝てられるほど
心穏やかなヤツじゃねェんだよ!!)」

起き上がり、自転車に飛び乗る黒田

観客
「うわっ とびのってまた走り出した」
「大丈夫か キミ」

黒田は前を向いたまま左手を上げて答える

観客
「すげ……」


黒田
「くそ 落車でブラケットが明後日の方向いてやがる」

ガンガンと拳で叩いて直す黒田

そのまま加速する

黒田
「(待てよ てめェ 逃がすかよ とっつかまえてやるよ!!)

づああああ 落車で前の3人とついた差は
50秒から1分10秒くらいか

この登り2つとゆるい下りの6kmコース 各周で25秒ずつ
2周半ありゃ追いつける 

さっきの言葉――― 謝らせてやるよ!!」



先頭の3人
「本当に大丈夫かなー さっきの黒田くん」
「もう あれから2周半… ゴール近いけど…」
「やっぱり戻って謝った方が…」

黒田を気にする2人に、1人が発破をかける

先頭の1人
「何言ってんだおまえら!! ひよるな!! これはレース!!
つまり『闘い』だ!!3人で回してオレたちがゴールを獲るんだ!!
レースは熾烈な生きのこりゲームだ!! 一人しか勝たない!!
80人出れば79人は負ける!!」

黒田
「そら 福富さんの言葉だな」

先頭の1人
「そぉーだ よく知ってるじゃないか
あのハコガク福富が昔言った言葉だ 引用した」

先頭2人
「え!? おまえ言った?」
「今の誰?」

先頭の1人
「すぎ去った黒田のことはもう忘れろ!! 自業自得だ
さっき言ったろ あいつは中学時代オレに肘テツを喰らわし
”ドンくさい”といった男だ!!」

黒田
「謝るよ そいつは悪かった
昔のオレだ 正直そんくらいのことは言いそうだ」

いつの間にか追いついている黒田に驚く先頭の3人

先頭の1人
「(え!? ええええ 黒っ…!?)」

黒田
けど今は今だ フェアにいこうじゃねェか!!

先頭の3人
「うあああ 単独で… ケガして… 追いついてきたァァ!!」
「マジか」
「ハコガク黒田!!」

黒田の顔を見て思わず謝ろうとする1人

先頭の1人
「わひっ ごめっ だ……… ど………」

黒田
「謝れよ そしたらさっきのはナシにするよ」

先頭の1人
「押したこと?」

黒田
「アア いや そっちじゃねェ
その前の 箱根学園を――――― バカにしたことだ!!

黒田は右腕を高々と上げながらゴールを切る

アナウンス
「4人のゴールスプリントをブッチギリで制したのは
箱根学園 黒田雪成―――!! 箱根学園 勝利―――!!」

黒田
(「血ィ足んねェけど 何だ……
逆に血ィぬけて冷静でいれたわ …悪くねェな『コレ』)」

箱根学園の部員
「わ 黒田さん」
「大丈夫ですかっ」

貧血で倒れそうになる黒田を支える箱根学園の部員たち



真波の回想に戻る

黒田は昔話を終える

黒田
そいつがオレの”スイッチ”の話だ

前に葦木場に言ったらこの話知らねェつってたな……結構
部じゃ有名だと思ったが

先輩たちはオレにとっちゃ憧れだ 箱根学園そのものもそうだ
強ええんだよ 福富さんも新開さんも… 

東堂さんも荒北さんも 雲の上さ 神レベルだ

けど去年は――― それでも結果 優勝じゃなかった

だから 次にハコガク任されたオレたちが
そいつを証明しなくちゃなんねェんだ」

真波
「(黒田さん!!)」

黒田
「それがオレたちが王者でありつづける誇りなんだよ
もうじき先頭の総北が見えてくる

ケガが痛いです キズがうずきますってのが
言い訳になると思うか? 真波」

ふり返った黒田の表情は落ち着いている

真波
「…………!! 
(けど それは1日目のゴールを獲るため負ったケガ……
十分理由には―――――)
あ…………」

言い淀む真波

黒田
「ならねェよ 何ンも言い訳にはならねェんだよ 箱根学園は
(ですよね――― 荒北さん―――!!
勝たなきゃダメだ 勝たなきゃ 『意味ねェんだ』!!)」

黒田は左ほほのカサブタを掻き壊す

黒田の頬を流れ落ちる血を見て、ハッとする真波

真波
「(『スイッチ』!! まだ加速する気だ…!! その体で!!)」

黒田
「(それがオレたち箱根学園なんだァ!!)
…くぞ 真波!! 総北に一気に追いつくぞォ!!

真波
「はい!!」

黒田
「しなれ 猫足!!」

黒田は足の痛みに歯を食いしばる

黒田
「(キズは痛ぇけど まだ止まんじゃねェぞ オレの足!!)
づあああああ」

加速し、総北を追う黒田と真波

やがて総北の背中をとらえる

黒田
「総北 とらえた!! 
今年も――― 最後おまえに背負わせて悪いな 真波」

黒田の言葉に一瞬たじろぐ真波

真波
「いえ――― 嫌じゃないですよ」

黒田
「……… 成長したな…… やっぱ――― 頼りンなる」

黒田は真波の背中に手をやる

黒田
「いけ もう 前出ていいぜ
もう オレにやりのこしたこたあねェ
あたぁ おめーが大空に羽ばたく様を見送るだけだ」

何も言えずに黒田を見る真波

黒田
「さぁ 飛べよ うしろは気にするな 
おめーはおめーの飛び方で 自由に走りゃあいい

けど 最後 おめーにひとつだけ何か頼んでいいつうなら
オレの…3年最後の 最初で最後のインターハイ―――――

”最高の結果だった”って言わせてくれ!!

言葉と共に真波を押し出す黒田

真波
「はい!!」

黒田の想いを背負い、飛び出す真波



レース時点に戻る

先頭は小野田 それを追う真波

回想から覚める真波

真波
「(黒田さん ありがとうございます)」

やがてのこり1400mの看板が見えてくる

真波
「(ゴールまで のこり1400m――― そろそろ 飛ぼうか)」

真波の背に羽が生える




****感想****

黒田さんのスイッチは、血を流すことであの時の箱根学園の誇りを

思い出すとともに、貧血になることで冷静なままレースを見通す

というためのスイッチでした

いやいや、頬に流れる血くらいでは貧血にならないでしょ
あくまでもスイッチだからそれでいいのか?


しかし、想いを背負って走ってるのは総北だけじゃなかったのですね
王者の誇りまで背負っちゃってますよ

真波くん、のほほん天然ボケのようで、実は冷静に状況を分かってる

人ですからねー

これは「想い」対「想い」の闘いになってきちゃいました

真波くんに羽生えちゃうし

これは小野田くん、このまま逃げ切るのはムリっぽいですね

東堂さんと巻島さんのいるところまで、あとどれくらいかなぁ


今日はこれでおしまいです。

次回は12/27です。

どうぞよろしくお願いいたします。




★高回転通信265




***注目!!***
月額見放題配信サイトでTVアニメ「弱虫ペダル」全シリーズ絶賛配信中!!

U-NEXTほか、月額見放題配信サイトでTVアニメ「弱虫ペダル」全シリーズが配信中です。
この機会にお見逃しなく!!しかもU-NEXTは只今31日間無料キャンペーン実施中です。
詳しくはこちら




***アニメ***
弱虫ペダル Blu-ray&DVD BOX vol.3 発売中!!

TVアニメ「弱虫ペダル GLORY LINE 」のBlu-ray BOXとDVD BOX vol.3が10月17日(水)に発売されたぞ!
荒北のスペアバイク第2弾は今回で完結!
是非ゲットして思う存分に弱虫ペダルの世界を楽しもう!!


★初回生産限定特典★

1.渡辺航先生描き下ろし漫画ブックレット「弱虫ペダル SPARE BIKE 荒北靖友7」

2.「CyCLE TIME増刊号

3.スペシャルCD
  収録内容:弱虫ペダル GLORY LINE 」オリジナルサウンドトラック、オリジナルボイスドラマ完全版vol.3

4.大判ポストカード2枚セット

5.描き下ろしアウターケース、特製デジパック

★映像特典

エンディングショートアニメ集

購入はこちらからどうぞ!





***コミケ***
今年も冬コミに「秋田書店」が参戦!!

期間:12/29(土)~12/31(月)

場所:ビックサイト東7ホール No.7051 コミックマーケット95 秋田書店ブース

今年の秋田書店ブースは「週刊少年チャンピオン」の50周年の前祝いって感じだ!
しかも、プレ50周年記念のコミケ商品のために、渡辺航先生と板垣巴留先生がスペシャルイラストを描き下ろしてくれましたよ。
この2つのイラストが「アクリルボード」や「ビッグ缶バッジスタンド」となって登場します。数量限定で発売される今冬の激レアグッズは見逃さないでくださいね!
もちろん、「弱虫ペダル」トレーディング缶バッジも登場するよ!

詳しくはHPで
http://www.chara-ani.com/pickup.aspx?p=akitashoten.c95



***コラボ***
「弱虫ペダル」Design produced by Sanrio CAFE 初開催!!

サンリオがデザイン・プロデュースした「弱虫ペダル」のコラボレーションカフェが初開催しますよ!!
現在活躍中のキャラクターのほか、レジェンドも登場して合計21名の選手が可愛いカップに入ったキュートな描き下ろしで登場!!オリジナルのメニューや限定グッズ販売など、ここでしか体験できない空間を楽しもう!

日程:2019年1/9(水)~2/13(水)
場所:46食堂 東京都豊島区東池袋1-29-4 成田ビル 4F
予約開始:2018年12/6(木)事前予約金:650円(税抜)

詳しくはHPで
https://yowapeda-sanrio-cafe.jp/



★最近の記事はこちら★

弱虫ペダル ネタバレ【522】

弱虫ペダル ネタバレ【521】

弱虫ペダル ネタバレ【520】

弱虫ペダル ネタバレ【519】

弱虫ペダル ネタバレ【518】

nice!(3)  コメント(0) 

弱虫ペダル ネタバレ【522】 [ネタバレ(あらすじ)]

みなさま、こんにちは。

さて、今回は
弱虫ペダル ネタバレ【522】をお送りします

U-NEXTで「弱虫ペダル」全シリーズが絶賛配信中!

しかも31日間無料お試しだよ!

詳しくはこちら





まずはあらすじからです!

IH最終日、優勝争いをする坂道と真波
ゴールまでのこり1.5kmを切った時、坂道が真波を追い抜きトップに!!
その後もハイペースを保ち、真波を引き離す坂道
一方、真波は先頭に追いつく前、黒田が真波に打ち明けた過去を思い出し……!?


★目次はこちら★


前回を詳しく読みたい方は弱虫ペダル ネタバレ【521】をどうぞ!


<弱虫ペダルの電子コミックはこちらがオススメ! 立ち読みもカンタンです!>




黒田を押そう無慈悲な現実!!
ハコガク陥落の速報に黒田は…?!


それでは、弱虫ペダル ネタバレ
 【522:黒田雪成】のスタートです!!



黒田の過去話

黒田
「(去年 オレは部内のインターハイ出場枠を決めるトーナメント
F組で 真波 おまえに負けた

オレはくさった 行き場のない悔しさ 怒り よくわからねェ感情で
ぐしゃぐしゃになってた

廊下で会っても 部室で会っても おめェとは口をきけない程に)」



部室で部員が真波のことを話している

部員
「真波って漂々として速いって 何かズルいよな」
「オレ この間 『速く登れない』って言われた」

「ズバッと言うけどどこかにくめないよなー」
「不思議なヤツだよ」
「ああ 何か――― 新時代のクライマーって感じ」



黒田
「(オレは おめえがほめられるのを聞くたび 血がのぼり
毛が逆立った)」



マシンで走り込みをしている黒田はいらだっている

黒田
「(くそ くそ…!! そこはオレのポジションなんだよ くそ!!)」

心の中で悪態をつく黒田



黒田
「(2年生でクライマーで成長株で―――
インハイで箱根学園のメンバーとして オレは名を轟かすと
信じていたからだ

それまで何でも”一番”でやってきたプライドが
本当の意味で崩れた瞬間だったのかもしれない)」



黒田
「(出れねェのかマジで…… マジで今年のインハイには!!)
くそォ!!」

苛立ち、机を握りこぶしで叩く黒田



黒田
「(けれど感情は時間がゆっくりと浄化してくれる
インターハイ本戦が始まる頃にはオレは 来年出るために何を
すべきかについて考えてた)」



ロードで走り込みをする黒田

黒田
「(ラッキーじゃ走れねェ ましてや王者として君臨するチームだ

結局はオレの考えの甘さと実力不足なんだ… やるしかねェ!!

けど 風のウワサで 荒北さんが『ゼッケン6』は真波じゃなくて
オレだろって推してくれた つう話をきいた時は すっげ嬉しかった

一筋の光ですよ… ありがとうございます荒北さん)」

荒北への感謝と共に練習に打ち込む黒田



黒田
「(だがこのあと衝撃の事実を目の当たりにする)」




夏――――――
インターハイ最終日 3日目 富士山コース中腹

電話に向かって叫んでる黒田

黒田
「あ!? 何ンだ そりゃあ!? 冗談は今いいんだよ あ!?」

応援の部員たちが黒田に言う

部員
「何ですって ゴール地点 何て言ってるんですか!?」
「驚く結果ですか!? やっぱり福富さんが!?
すごい差をつけて!?」

「それじゃあ意外じゃないだろー まさかさっき通った
新開さんがゴールを!?」

黒田
「箱根学園が負けた……………」

電話を見つめながら呆然と答える黒田



黒田
「(インターハイで王者箱根学園が敗北した)」




箱根学園に戻ってきた選手と部員たち

部員がバスを降りてくる選手たちに頭を下げる

部員
「おつかれしたァ」
「したア」

新開
「ああ いいよ 荷物を運んでくれ」

悔し涙が止まらない部員
「けどオレ… くやしくて…」

新開
「皆一緒だ そういう年もある 裏方いろいろご苦労だったな」

部員
「ずいばせん オレらの応援が… そのせいです」

新開
「そんなことないよ」

言葉もなく呆然自失の状態で先輩たちを見ている黒田

黒田
「(この結果だけは予想してなかった 
そして 想像してなかった――――――

この人が負ける姿を見ることになるとは―――――)」

バスから荒北が降りてくる

黒田
「(荒北さん
荒北さんはやる人だ 

普段 口も態度も悪いけど実力はピカイチ
オレのエリート心を見抜いて 要領よくやってるだけじゃ
勝てねェって教えてくれた

オレが唯一 アタマ下げた人だ
このインターハイも当たり前のように勝利して―――――
オレはイジられるのだと思ってた)」

いつもならば黒田にちょっかいをかけてくるはずの荒北が
何もせずに黒田の横を通り過ぎる

挨拶をしてなかったことに気づき、急いで振り返る黒田

黒田
「あ (『おつかれ様です』) お…」

しかし声をかけることができない黒田

黒田
「(どれだけ悔しいんだ… 何がおつかれ様だ…)」

部員
「つかれしたァ」
「したァ」
「つかれしたァ」

黒田
「(ダメだ 何も言えねェ かける言葉なんて …ねェ)」

うつむく黒田

その時荒北がこちらを見もせずに大声で黒田を叱る 

荒北
黒田ァ!! 何ンも言うことねェのかコラァ!!

黒田
「あっ」

荒北
「先輩がレース走って戻ってんのに無視かァ」

黒田
「はい すいま… いや あの かけていい言葉…
すいません 見つからな」

荒北
言い訳すんなァ!!」
黒田
「――――――――――!!」

荒北
「言い訳すんなァ…」

黒田の方へふり向く荒北

黒田
「(『言い訳』…!!)」

荒北
「おめェはもうそういう立場じゃねェ
やるべきことをやるべき時にやる そんだけだ

チャンスは一度だ 二度とねェ
逃すな 絶対にだ

何をやってもやられても 敗北した人間には言い訳を聞いてくれる
場は用意されねェんだ
細けぇこともでけぇことも全部同じだ」

くるりと背を向ける荒北

荒北
「黒田 たのんだぜ来年はァ」

黒田
「はい!! わかりました つかれ様したァ!!」

大声で言って頭を下げる黒田

その目からは大粒の涙がボロボロとこぼれている

黒田
「(いつの間にか涙がこぼれてた
そん時オレは知った―――

最初あんなに嫌ってた荒北さんが オレの中で
憧れの存在に変わっていたことを)」

手首をグッと握る黒田

黒田
「(やってやる オレが 来年絶対に―――――)
やってみせますよ 荒北さん オレが

『箱根学園を再び王座』に!!」




監督
「次のキャプテンは泉田塔一郎 おまえだ」
「副キャプテンはクライマー2年 黒田雪成」



黒田
「(夏が終わってオレたちの代にかわった
あたり前のように部室にきていた3年の先輩たちは
滅多に姿を見せなくなった

泉田『キャプテン』の強化プログラムはシンプルで
十分な練習とそして レース数を増やそうというものだった

今まで箱根学園として招待されていながらキャンセルしていた
地味なレースも 積極的に主力メンバーで参加していった)」



レースのスタート地点に箱根学園のジャージが並ぶ

観客から歓声が上がる

観客
「おお ハコガク来たァ」
「箱根学園だ」

「すげぇ!! ジャージ組だ」
「泉田だ」

「今年のインハイメンバーだぞ」
「写真とろう」

「今年からキャプテンだって」
「おお」

大会主催者から直々に声をかけられる

主催者
「いい走りを」

黒田
「がんばります」

握手で答える黒田


篠崎
「オレもいいのか このジャージ」

黒田
「篠崎 おめぇも立派なメンバー候補だ
それにこのコースは登りも多い チャンスがありゃあ優勝狙え」

篠崎は黒田を見つめる

黒田
「このレースはオレが”仕事役”だ 
逃げを潰してコントロールもする

ゴールは塔一郎かおまえが獲れ ただし――――
”優勝”が必須条件だ 

このジャージ着て負けるのは許されねェ」

他校の選手たち
「ヤベー ハコガクだよ」
「ハコガクだ」
「あのジャージってだけで威圧感がすげぇ」



黒田
「(そいつはレースシーズンほぼ終わりの頃のレースだった
名のあるヤツはほとんど出ていない地味なレース)」



黒田
「早速逃げだ 潰してくるぜ 塔一郎」

泉田
「たのんだよ 雪成」

観客
「登りを利用してアタックだ!!」
「集団から3名の”逃げ”が出たぞ」

「それをおさえにハコガク黒田がとびだしたァ」
「いや 登り速ええ!!」

逃げた3人を加速して追う黒田



黒田
「(けどオレも塔一郎も真剣そのものだった
どんなレースでも負けない 完全優勝する それが
2人で立てた誓いだった)」



黒田はものすごい加速で登っていく

黒田
「余裕は見せねェ!! 出る以上は全開でいくんだよ!! づあああ 
オレたちは!! 常に負けられねェ闘いをしてんだ!!」

あっという間に3人に追いつく黒田

先頭の選手たち
「うわっ ハコガク!!」
「もう追いついてきた」

「うわ マジの目だ」
「ヤベェ ハコガク黒田 逃げられねェ!!」

「何とか見逃してくれよ」
「ここはオレたちに花をもたせてくれ」

黒田
「悪ィがムリだ」

先頭を走っていた1人が黒田にケンカを売る

先頭の一人
「おいおーい 何かおかしいぜ? おまえら

何? ハコガクハコガクって同じ選手だろ そいつも同じ2年だ
つまり何が言いたいかっていうと

『調子にのるなよハコガク』!!

黒田
「は?」

先頭の一人
『インハイで負けたくせに』!!

黒田
「あ!?」

そいつの言葉に怒りをあらわにする黒田

焦る他の2人
「怒らせるな オレたちの勝ちがカクジツになくなる」
「穏便にいこう」

先頭の一人
「いいんだよ 事実言ってるだけだ
負けたんだ!! こいつらは千葉の… 1年初心者にィ

マジかよ 1年にってオレは思ったね!!
つまりよっぽどしょぼかったんだ今年のメンバー 特に3年………

福富? 新開? 東堂? アラキタってのもいたかぁ? 4人とも!!」

黒田
おい てめェ

黒田は相手の胸倉を掴む

先頭の一人
「ぉひっ あっあ――――― そうやって手ェ出す?」

黒田
「取り消せ 今の」

先頭の一人
「こわっ ハコガク こわっ つまり暴力」

黒田
「事実は言っていいよ けど最後のは違う 訂正しろ
3年の先輩方は強ええんだよ!!
てめェが1mmも想像できないくらいはるか上の」

先頭の一人
「そっちから先に手を出してきたんだからな!!
恨むなよ!!」

黒田
「!!」

そいつは沿道にちらりと目をやると、鉄柵のあるタイミングで
黒田に肘鉄を食らわせる

先頭の一人
「うわっと ハンドル 当たったァ」

他の2人
「……!!」
「おんびんに…」

黒田
「(てめ…こいつ わざと…)」

先頭の一人
「憶えてないだろうけど2年前 おまえが中学ん時 
オレ バスケ部主将で対決してさ

”助っ人黒田くん”のおかげで負けたんだよ

あん時のゴール下での肘『テツ』 顔面 今でも痛いわ
あん時審判に注意されて おまえ オレに向かって何て言ったと思う?

あきれた顔して ニヤっと笑って
 ”ドンくせーなおまえ” だぜ?」

ガシャンという派手な音と共に鉄柵に激突し、落車する黒田

先頭の一人
「いくぞ 3人で回して つまりゴールまで逃げ切るぞ」

他の2人
「う… お… おう」



黒田
「(これが 後になってオレが ”スイッチ” って呼んでる元になった出来事だ)」


****************************************************************************


★★あなたもブログでお小遣いを稼げるってご存知ですか?★★

↓↓↓

詳しくはこちらをクリック!!


****************************************************************************


****感想****

荒北さん、カッコイイなー

言い訳はするな!って自分に向かって言ってますよね

自分がやるべきことをやったけど、箱根学園は負けた

その事実を受け止めて、諸々を自分の中に入れて、後輩に次を

託してるんですね

それを受け取った黒田さんにとっても、重い言葉だったんでしょう
だからこそ、馬鹿にされるのは許せなかった

自分のことを言われたならあそこまで怒らなかったけど、

3年生を侮辱されるのは許しがたかった

わかります、うん、わかります


しかし、相手も2年前の屈辱を忘れてなかったのですね

男ってプライドを傷つけられたことって忘れないよねー

で、傷をつけた方はすっかりそんなことを忘れてるっていうね(笑)


今回のこの事件が、黒田さんの『スイッチ』の元になった事件でした

黒田さんの本気スイッチ、336話と342話に出てきたあれです

治りきってない古傷のカサブタを剥がすことで発動するんですね

って、こんな前の傷が未だにカサブタなの???

どんだけ何度もスイッチを発動してるのかってことですよ
でないと、もう治っちゃってるはずですよね?


来週はスイッチ発動!の回なんでしょうか?

逃げようとする3人をコテンパンにやっつける感じかな?

しばらくレースの方は進まないようですね



今回はこれでおしまいです。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

次回もどうぞよろしくお願いいたします。



★高回転通信264



***注目!!***
月額見放題配信サイトでTVアニメ「弱虫ペダル」全シリーズ絶賛配信中!!

U-NEXTほか、月額見放題配信サイトでTVアニメ「弱虫ペダル」全シリーズが配信中です。
この機会にお見逃しなく!!しかもU-NEXTは只今31日間無料キャンペーン実施中です。
詳しくはこちら




***アニメ***
弱虫ペダル Blu-ray&DVD BOX vol.3 発売中!!

TVアニメ「弱虫ペダル GLORY LINE 」のBlu-ray BOXとDVD BOX vol.3が10月17日(水)に発売されたぞ!
荒北のスペアバイク第2弾は今回で完結!
是非ゲットして思う存分に弱虫ペダルの世界を楽しもう!!


★初回生産限定特典★

1.渡辺航先生描き下ろし漫画ブックレット「弱虫ペダル SPARE BIKE 荒北靖友7」

2.「CyCLE TIME増刊号

3.スペシャルCD
  収録内容:弱虫ペダル GLORY LINE 」オリジナルサウンドトラック、オリジナルボイスドラマ完全版vol.3

4.大判ポストカード2枚セット

5.描き下ろしアウターケース、特製デジパック

★映像特典

エンディングショートアニメ集

購入はこちらからどうぞ!





***ふろく***
「2019弱虫ペダル卓上カレンダー」が別冊少年チャンピオン1月号に付くぞ!!

12/12(水)発売の別冊少年チャンピオン1月号に「2019弱虫ペダル卓上カレンダー」が付いてきます。卓上仕様なので、置き場所は自由。キャラクターの誕生日までちゃんと記載されているんだ。お気に入りのキャラの誕生日もしっかチェックしよう。さらに1月号には、前号で完結した田所迅編のエクストラエピソード漫画も掲載しています。絶対ゲットだね!!



★最近の記事はこちら★

弱虫ペダル ネタバレ【521】

弱虫ペダル ネタバレ【520】

弱虫ペダル ネタバレ【519】

弱虫ペダル ネタバレ【518】

弱虫ペダル ネタバレ【517】

nice!(3)  コメント(0) 

弱虫ペダル ネタバレ【521】 [ネタバレ(あらすじ)]

みなさま、こんにちは。

さて、今回は
弱虫ペダル ネタバレ【521】をお送りします


U-NEXTで「弱虫ペダル」全シリーズが絶賛配信中!

しかも31日間無料お試しだよ!

詳しくはこちら





まずはあらすじからです!

IH最終日
標高が上がって酸素が薄まり、失速した坂道だったが、
手嶋の言葉を信じ平常心を取りもどした


★目次はこちら★


前回を詳しく読みたい方は弱虫ペダル ネタバレ【520】をどうぞ!


<弱虫ペダルの電子コミックはこちらがオススメ! 立ち読みもカンタンです!>




坂道を捉える鋭い眼光
真波の心、さらに昂る!!



それでは、弱虫ペダル ネタバレ
 【521:真波が見たもの】のスタートです!!


声援の中、バトルを繰り広げる小野田と真波

観客
「先頭2人!! 総北が前!!」
「いけぇ」

「総北だ」
「インターハイ3日目最終日 ゴールまでのこり1.5km!!

小野田
「(抜けた!! 真波くんを抜いた!! 
のこり1.5kmのプレートをすぎた
ドキドキが増す ゴールが確実に近づいてる!!)」

真波
「(また抜かれた
のこり2kmから始めてこの500mで2度も
手強いね やっぱり でも まだゴールまで1500mもある
それでいい
『これがオレが望んでいたことだ ワクワクする』!!)」

真波は汗をぬぐった手を払い、ハンドルを掴み直すと加速する

観客
「両者ゆずらず駆け上がる!!」
「ハコガクーッ!!」

前を行く小野田はチラリと後ろをうかがう

小野田
「(差が少しついてる!! いい状態ってことなのか
このまま――――!!

このままペースを乱さずいこう!!)」

真波は前の小野田を見て歓喜の表情を浮かべる

真波
「(速いや……… すごいペースだ

さっき息苦しそうで差が少しひらいたから
ここだと思ってしかけた――――

それなのに追いついてきた

あんなに苦しそうだったのに自分で持ち直した!!

強くなってる 去年よりもはるかに
一度 優勝って目標を達成すれば

人は誰でも気持ちもゆるみ 体も緊張から解放される
ましてや年に一度のインターハイだ

長くつらい次に向けてのトレーニングに身が入らなくなるものなんだ
『チャンピオンは勝てない』という言葉がある

大きなタイトルを手にした選手は
その達成感から目標を失い モチベーションを上げられず

レースでチャンスをつかめなくなるジンクス
でもキミはこうしてオレの前を走ってる

インターハイの”ゴール前”を!!

堂々と ゼッケン1を背負って
どうやってモチベーションを上げたの? この一年間
自分で!?)」

自分の問いに自分で気づく真波

真波
「……あ ―――いや
(ちがうか たぶん――――― 仲間がいたから!! か!!
そういえば5月のあの日も 言ってた―――)」



真波は水族館での小野田との会話を思い出す

小野田
「え ボクが3日目最後の? エース!?」

真波
「そ! やっぱりそうなのかなーって思って」

焦って両手を横にブンブン振る小野田

小野田
「いやいやいやいやいや ムリムリムリムリムリ」

真波
「ムリ……って」

小野田
「もちろん総北としての目標は 優勝だけど……… 

―――それは あの……… 
チームの誰かが獲ってくれたらいいと思ってる

ボクは その手伝いが……… 
できればいいと思ってるんだ 精一杯」

真波
「………」

真波は小野田の言葉を聞いた時、 なんと返していいかわからなかったのだった



真波
「(そういうことか キミが強くなったのは仲間を手伝うせい
仲間を勝たせるために―――――――――

仲間のジャージをゴールに運ぶためにキミは
今のインターハイの最終日を走ってるのか!! 力強く!!)」

真波が小野田に少し近づく

小野田
「(今泉くん 鳴子くん 手嶋さん 鏑木くん 青八木さん
古賀さん 寒咲さん 杉元くん 1年生の皆さん

届けるよボクが このジャージを!!)」

小野田がまたも差を広げる

観客
「山王先頭!!」
「箱根学園 また少し遅れる!!」

「でも 何か…すごかった 今の山王のペダリング
すごいスムーズに回ってるんだけど 一踏み一踏みに
気持ちの入った力強さを感じた」

真波
「(すごいや とても オレには真似できない
けどいいんだ 人それぞれ走り方は違うから
オレはキミの走りはできない けどキミも
『オレの走りは真似できない』!!)」

また加速する真波
 
真波
「(ですよね 黒田さん)」



真波は総北に追いつくまでの走りの時の黒田との会話を思い出す

黒田
「最後の登りに入ったぜ!! 真波!!
もちっとだ もう少しすりゃあたぶん総北見える

てめェはそれまで風よけ入って足ためとけ
オレが”出ろ”って言うまでなァ!!」

真波は黒田のピッタリ後ろを走っている

真波は前の黒田の足を見つめながら返事をする

真波
「はい……… けど 黒田さん もう限界ギリギリっすよね

1日目のゴール前の落車のキズ まだ治ってない
今 相当… 痛いでしょ」

黒田
「ハ!! 気づいてたかよ」

真波
「けっこう前から右ヒザかばうみたいなペダリングだったんで」

黒田の膝がズキッと痛む

黒田
「けど まあ そいつも しょうがねェよ!!
オレはおまえを届けるって決めたんだ」

真波
「!」

黒田
「オレは昔から自分が決めた通りになんねーと許せねェ
性分だからな

プライドの高いエリート野郎さ
けど その決めた通りにするために 

代償払わなきゃなんないのも知ってる
ムチャ通そうってしてんだ 痛みがあんのあたり前だ」

真波
「(オレが想像してる以上に痛いのかこの人―――――
まさか)

やっぱ 代わります」

真波は思わず黒田の前に出ようとする

腕を横に伸ばしてそれを止める黒田

黒田
「まだ出んなァ!! 
真波……… じっとしてろ

言っただろ 総北に追いつくまでオレが引くって
今はじっとすんのがおまえの仕事だ

黙ってついてくりゃあいいよ 絶対届けてみせるから」

真波
「(黒田さん…!!)」

黒田
「けど退屈か? それなら少し 昔話でもするかよ」


****************************************************************************


★★あなたもブログでお小遣いを稼げるってご存知ですか?★★

↓↓↓

詳しくはこちらをクリック!!


****************************************************************************


****感想****

「一度勝ったら次は勝てない」というチャンピオンのジンクス

でもそれって小野田くんには当てはまらない感じがします

優勝を目標にずっと練習してきて、頑張ってやっと優勝して、

だから目標を達成しちゃったから燃え尽き症候群的な感じで

モチベーションが上がらなくなってしまうんですよね?

でも小野田くんはそうじゃないよね?

こう言っては何だけど、ド素人が言われるままに頑張って走って

気づいたら優勝しちゃってましたって感じの、

ビギナーズラックみたいな優勝だったもんね

だから「山王」だのなんだのって言われても本人はピンと来てないし

なんで自分がこんなに注目されるかイマイチわかってない

やたらとマークされて思った走りができないのも、他の選手が邪魔し

に来てるって思ってなくて、なんだかうまく走れないなーって感じ

小野田くんの基本は「みんなで力を合わせて走る」なので

個人の成績は全く気にしてない

そんなの達成感とか全然関係ないですもんね

だからこそ、小野田くんは頑張れる

またポロッと優勝してしまいそうな感じがある

もし真波くんに負けて2位になってしまっても、チームのみんなに

申し訳ないって気持ちにはなるだろうけど、負けて悔しいとは

思わないんでしょうね


さて、次回は黒田さんの昔話で終わりそうですよ

黒田さんがエースを届けるのにこんなに固執してるのはどうしてなのか、
その謎が解明されるのかな?


今回はこれでおしまいです。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

次回もどうぞよろしくお願いいたします。




★高回転通信263



***注目!!***
月額見放題配信サイトでTVアニメ「弱虫ペダル」全シリーズ絶賛配信中!!

U-NEXTほか、月額見放題配信サイトでTVアニメ「弱虫ペダル」全シリーズが配信中です。
この機会にお見逃しなく!!しかもU-NEXTは只今31日間無料キャンペーン実施中です。
詳しくはこちら




***アニメ***
弱虫ペダル Blu-ray&DVD BOX vol.3 発売中!!

TVアニメ「弱虫ペダル GLORY LINE 」のBlu-ray BOXとDVD BOX vol.3が10月17日(水)に発売されたぞ!
荒北のスペアバイク第2弾は今回で完結!
是非ゲットして思う存分に弱虫ペダルの世界を楽しもう!!


★初回生産限定特典★

1.渡辺航先生描き下ろし漫画ブックレット「弱虫ペダル SPARE BIKE 荒北靖友7」

2.「CyCLE TIME増刊号

3.スペシャルCD
  収録内容:弱虫ペダル GLORY LINE 」オリジナルサウンドトラック、オリジナルボイスドラマ完全版vol.3

4.大判ポストカード2枚セット

5.描き下ろしアウターケース、特製デジパック

★映像特典

エンディングショートアニメ集

購入はこちらからどうぞ!





***イベントレポート***
君も渡辺航先生に会えたかな?ジャパンカップ2018イベントレポート!!

10/20・21に栃木県宇都宮市で開催されたアジ化最高峰の自転車ロードレースであるジャパンカップ2018。そこに我らが渡辺航先生も熱気あふれるレースを観戦しました。またトークショーやチャリティサコッシュサイン会、さらにはパレードにも参加。今年もたくさんの方々が集まってくれました。応援キャラの鳴子君とともに会場は大いに盛り上がりました。



***イベント***
「弱虫ペダル」 in ナンジャタウン サテライト

春に好評だった「弱虫ペダル GLORY LINE in ナンジャタウン」のサテライトが今回は千葉県幕張に上陸だよ!!
ナンジャタウンでしか手に入らないレアな新世代チームメンバーの「猫耳ちびキャラ」イラストのオリジナルの景品やイベント限定のグッズあるよ。インターハイ2日目のあの激しい闘いをお店で是非体感しよう!!

【期間】:2018年11月10日(土)~2019年1月14日(月・祝) 

【場所】:イオンモール幕張新都心店 グランドモール3F キャラポップストア幕張新都心店

詳細はHPをご覧ください。

http://www.namco.co.jp/chara_shop/yowapeda/


***トリビュート***
「放課後ペダル」が月刊プリンセスにて連載中!!

「弱虫ペダル」愛にあふれたトリビュート企画「放課後ペダル」が月刊プリンセスで連載中ですよ~!
12月6日発売の月刊プリンセス1月号では遠野由来子先生の「先輩と後輩」を連載。ぜひご覧くださいね。

月刊プリンセスのHP

http://akitashoten.co.jp/princess



★最近の記事はこちら★

弱虫ペダル ネタバレ【520】

弱虫ペダル ネタバレ【519】

弱虫ペダル ネタバレ【518】

弱虫ペダル ネタバレ【517】

弱虫ペダル ネタバレ【516】

nice!(3)  コメント(0) 
前の10件 | -
外為ジャパンを紹介