So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

弱虫ペダル ネタバレ【542】 [ネタバレ(あらすじ)]

みなさま、こんにちは。

さて、今回は
弱虫ペダル ネタバレ【542】をお送りします

U-NEXTで「弱虫ペダル」全シリーズが絶賛配信中!

しかも31日間無料お試しだよ!

詳しくはこちら





まずはあらすじからです!

インターハイ3日目・最終日、坂道VS真波の最終決戦
全てをかけたスプリントを制したのは、総北・小野田坂道だった
くやしさを滲ませる真波だったが、「スッキリしてるよ」と坂道に告げ、来年の勝負を約束するのだった!


★目次はこちら★


前回を詳しく読みたい方は弱虫ペダル ネタバレ【541】をどうぞ!

<弱虫ペダルの電子コミックはこちらがオススメ! 立ち読みもカンタンです!>




長き闘いが終わり、二人を静寂が包む・・・!!



それでは、弱虫ペダル ネタバレ
 【541:長い闘いの終わり】のスタートです!!



ゴールした真波と小野田は倒れ、それぞれのサポートメンバーに受けとめられるサポートメンバーたち

「真波!!」
「真波さん!!」

「小野田!!」
「倒れた!!」

「ヘルメット外せ」
「タオルはあるか」
「段竹 水だ!!」

上から水をかけられる真波と小野田

小野田
「あ~~~~~」

真波
「うひゃ~~~ 生き返るね~
何か すげー 久しぶりに 

自転車から降りた気がするよ



古賀に抱きしめられる小野田

古賀
「本当に… よくやってくれた 小野田…!!」

流れる涙を止められない古賀

杉元兄
「すごかったよおまえは小野田!! やった やったよ 小野田!!」

大きく腕を広げ、小野田を抱きしめようとする杉元兄

しかし、走り寄ってきた橘が杉元を押しのけて小野田に抱きつく


「メガネ――!! すごいじゃん!! すごいじゃん!!
わたしはもぉ――― 感動してるよ もぉ―――ッ!!」

強く抱きしめられ、ぐったりする小野田

段竹
「(すげぇ… 小野田さん…!! 
ゴール前のあの苦しい中でのあの最後の一踏み…!!

できねェ… オレには たぶん無理…!!
すげぇ人だ やっぱり!! 小野田さん!!)」



3位争いをしている黒田と今泉

アナウンス
「見えてきました 3位争いはまたしても総北対箱根学園の図式です

表彰台をもぎとるのは 総北2年 今泉選手か 箱根学園3年
黒田選手か」

黒田
「(また 総北 最後をかすめとっていきやがった)」

アナウンス
「黒田選手 今泉選手を引き離すー!!」

ゴールする黒田

アナウンス
「3位は箱根学園 黒田雪成選手――――――!!
ジャージを閉める余裕を見せて 今 ゴールです」

歓声に迎えられる黒田

黒田
「(総北メガネ 小野田坂道…!! 
二度も『あの』真波を破りやがった

”ヤツはレース中に成長する”
前に 確かに 福富さん言ってたな…

けど これほどたぁな… 読みまちがえたぜ

すまねェ真波」



アナウンス
「遅れて総北高校 今泉選手 4位でゴールです」

黒田に負けたものの、晴れやかな表情の今泉

ヘルメットを投げ捨て、まっすぐ小野田へと向かう

大きく腕を広げる今泉

小野田はふらつきながらも立ち上がり今泉を迎える

小野田
「今泉くん!!」

ガシッと抱き合う2人 小野田の足はブルブルと震えている

今泉
「バカヤロウ わざわざ立たなくていいよ ムリしやがって
よくがんばったな… 坂道 きつかったろ 2度目だもんな」

小野田
「うん… ほんとうに… 出しきった… 感じだよ…」

今泉
「2度もまかせてすまなかったな坂道」

小野田
「ワンツーフィニッシュ… できなくて… ごめん」

今泉
「いつの話だよ おまえのせいじゃねーよ 十分だよ
ありがとうよ」

小野田
「最後… 最後に… 真波くんに離されて… きつい時に…一瞬
まぼろし…なんだけど ゴールゲートの下で… 待ってくれてる…

チームの皆の姿が… 見えたんだよ…

今泉
「そりゃあ… たぶん… まぼろしじゃねーよ

自転車にはそういう力があんだ



急に気づいた橘が叫ぶ


「あ!! そうだ!! 次は誰!? 誰ゴールしてくる!?
ボトルとかタオルとか用意しとかなきゃじゃん!!」

静かに返事をする寒咲

寒咲
「ん もういいんだよ 綾ちゃん

皆 力を尽くしてがんばってくれたんだよ
大変な闘いだったんだと思う

今年のチーム総北の完走者は―――――
小野田くんと今泉くんの2人だけだよ




アナウンス
「それでは表彰式を始めます」




****感想****

真波くんの「久しぶりに自転車から降りた気がするよ」って

セリフにやられました

本当に本当に頑張ってたんだな、濃い時間だったんだなって

思いますね

本当にお疲れさまでした!!


黒田さんも読み切ることができなかった小野田くんの力

レース中に成長するのはみんなそうなんじゃないかって思いますが

小野田くんの成長ペースはきっと群を抜いてるんですね

2日のゴールの時にはまさかここまでとは思わなかったんだろうな

黒田さんが読んでたら、真波くんをもう少し先まで引いたのかな?

でも御堂筋も来てたしなー、あそこまで真波くんを引いたのだけでも

黒田さんすごいと思うけどな


来年こそは小野田くんたち3人でフィニッシュできるのでしょうか?

真波くんとの戦い3度目になる気もするけど

というか、小野田くんと真波くんって大学行って同じチームになる可能性あるかな?

小野田くんって真波くんと同じチームなら、真波くんのサポートに回っちゃう気がする

2人で楽しくギリギリの闘いをするなら、延々とライバルにならなきゃいけない気が(笑)


そして巻島さんー!! 表彰式終わるまで待っててよー!!

遠くから表彰式見て、先に返っちゃう気がしてならない(笑)



今日はこれでおしまいです。

再来週もどうぞよろしくお願い致します。



★最近の記事はこちら★


弱虫ペダル ネタバレ【541】

弱虫ペダル ネタバレ【540】

弱虫ペダル ネタバレ【539】

弱虫ペダル ネタバレ【538】

弱虫ペダル ネタバレ【537】




nice!(5)  コメント(0) 

弱虫ペダル ネタバレ【541】 [ネタバレ(あらすじ)]

みなさま、こんにちは。

さて、今回は
弱虫ペダル ネタバレ【541】をお送りします

U-NEXTで「弱虫ペダル」全シリーズが絶賛配信中!

しかも31日間無料お試しだよ!

詳しくはこちら





まずはあらすじからです!

インターハイ3日目・最終日、坂道VS真波の最終決戦
互いに死力を尽くす走りを続け、差はごく僅かだが…最後の60m、全てをかけたスプリントを制したのは、総北・小野田坂道だった
長い闘いに、ついに幕が下ろされた!!


★目次はこちら★


前回を詳しく読みたい方は弱虫ペダル ネタバレ【540】をどうぞ!

<弱虫ペダルの電子コミックはこちらがオススメ! 立ち読みもカンタンです!>




二年目インターハイ、決着!!!!



それでは、弱虫ペダル ネタバレ
 【541:長い闘いの終わり】のスタートです!!


歓喜に沸く総北サポートメンバーたち

アナウンス

「くり返します
インターハイ3日目 最終日 
ここ群馬県国道最高地点渋峠に最初に到達したのは

総北高校 ゼッケン1番 小野田坂道選手です!!

2度目の頂 
インターハイ総合優勝は今年も千葉 総北高校!!

観客の歓声の中、小野田に駆け寄る総北サポーターズの面々

総北サポーターズ
「小野田!!」
「小野田さん」
「小野田くん」

箱根学園のサポートメンバーたちも叫んでいる

その中を荒い息を繰り返しながら通り抜ける小野田と真波

観客
「うおおお総北!!」
「くそ!!あと少しだった!!箱根学園!!」

「くぅぅ!!」
「山王… あいつ… ハコガクを二度も止めやがった!!」

「すごかったな最後の闘い」
「ああ!! 正々堂々闘ったよあの2人!!」

「オレしびれた」
「最後の勾配がきつくなるところで小野田が遅れてさー」
「ヤバかった」

「熱くなった!」
「ゴールにいた?カメラマンの人も涙ぐんでたよ」

「よくやったぞ2人とも」
「最高だったぞ」

「ソーホクゥ」
「ハコガク!!」

「手が震えて動画とれねェ」
「拍手だねー」

「あの2人の一生懸命さが伝わってきたね」
「やっぱりロードレースってすごいね!」

ハァハァと息をしながら、並んで通り抜ける2人

真波が顔を上げる

真波
「……… 皆……… 大興奮だよ
走ってる時は――― 集中してて ………気づかなかったよ」

観客
「来年もオレはハコガクを応援するぞ」
「いいレースだったぞー」

真波
「こんなに応援してくれる人がいたなんて」

小野田も顔を上げる

小野田
「……… …うん すごい声援…だね…… 
ボクも 今気づいたよ…………
終わったんだね… 勝負が………」

真波を見る小野田

小野田
「皆の3日間の… 全力の… 闘いが…」

小野田と真波の脳裏に、この3日間の様々な記憶が蘇る

真波
「……… うん 終わった… 2度目のオレたちの勝負が」

小野田
「…あ こういうの変かもしれないけど… あの
ありがとう… 真波くん

真波
「は ”ありがとう”? オレに?
オレはすげーくやしいんだけど?

真波の言葉に焦る小野田

小野田
「あっ あっ わわ そ… だ よね!! ごめ…」

真波
「けど 全開でやった 出せるものは出した
キミの方が少しだけ想いが強かったってことだ
今は後悔はないよ」

小野田
「(真波くん)」

真波
「あの時こうすれば―――って思いは 今年はない
スッキリしてるよ あの空みたいに」

2人の目の前に広がる夏空

小野田
「(空――― 真波くん…)」

真波
「(坂道くん)」

フラフラしだす2人

真波
「けど やっぱさ 最終ステージの最後での勝負てのはさ
やっぱ プレッシャーがデカすぎるよね
来年2人ともインハイ出れてやる機会があったら―――」

カクッと左に崩れる真波

小野田
「…うん」

ズルッとハンドルから右手が滑り落ちる小野田

互いに支えあうように、肩が当たった状態になる2人

真波
「初日の山岳賞にしよう」

小野田
「うん」

真波
「去年の東堂さんと巻島さんみたいに」




****感想****

最終決戦での戦いは、プレッシャーが大きいけど、

勝負自体は楽しかったんですねこの2人

共にやりきったから後悔なし!!

2人ともいい顔してます


来年は勝負するなら初日の山岳賞にしようなんて真波くんは言ってますが、

きっと来年もこの2人が最終決戦を闘うことになるんだろうなぁ(笑)


とりあえず2人ともお疲れさまでした!!

ゆっくり休んで、また来年の闘いへと準備開始して下さいな


で、巻島さん!! 小野田くんに黙って先に帰っちゃわないでくださいよー!! 

巻島さんは本当に油断ならないからなー(笑)



今日はこれでおしまいです。

再来週もどうぞよろしくお願い致します。



★最近の記事はこちら★

弱虫ペダル ネタバレ【540】

弱虫ペダル ネタバレ【539】

弱虫ペダル ネタバレ【538】

弱虫ペダル ネタバレ【537】

弱虫ペダル ネタバレ【536】


nice!(5)  コメント(0) 

弱虫ペダル ネタバレ【540】 [ネタバレ(あらすじ)]

みなさま、こんにちは。

さて、今回は
弱虫ペダル ネタバレ【540】をお送りします

U-NEXTで「弱虫ペダル」全シリーズが絶賛配信中!

しかも31日間無料お試しだよ!

詳しくはこちら





まずはあらすじからです!

坂道VS真波、IH決着まで残り50m!
勝者はどちらに…!?


★目次はこちら★


前回を詳しく読みたい方は弱虫ペダル ネタバレ【539】をどうぞ!

<弱虫ペダルの電子コミックはこちらがオススメ! 立ち読みもカンタンです!>




二人に訪れる、決着。



それでは、弱虫ペダル ネタバレ
 【540:大空に手を挙げた者】のスタートです!!


小野田
「(ジャージを届ける!!)」

真波
「(ゴールを獲る!!)」

小野田
「(今ボクが)」

真波
「(オレが今)」

小野田・真波
「(やるべきことは!!! それだけだ!!)」


声援の嵐の中、並んでゴールを目指す2人

アナウンス
「インターハイ3日目 最終日 最後のゴールまで50m!!」

真波
「(全開!! 絞りきれぇ!!)」

小野田
「(全力!! 出しきれ!!)」

小野田・真波
「(すぐそこの ゴールゲートまで!!)」

両側からかかる声援

アナウンス
「のこり40m!!」

杉元
「小野田ぁぁ」

箱根学園部員
「真波さん!!」
「真波!!」
「真波さんが負けるわけねェ!!」

アナウンス
「30m!!」

寒咲
「(小野田くん!!)」

田所・金城
「小野田ァ!!」

荒北
「真波ィ!! 今年はひっくり返せヨ!! 不思議チャン!!」

アナウンス
「20m!!」

真波
「(ゴールが)」

小野田
「(ゴールラインが)」

小野田・真波
「(近づく!!)」」

並んだままゴールゲートへと近づく2人
アナウンス
「のこり10m!!」

観客
「まだ並ぶ!!」


真波
「(どんなことも何事も簡単じゃない 
だから全開でやるんだ

死に近づいて 生を実感するまで
限界まで!! それをこえるまで!!)」

小野田
「(長い道のりをここまでこれたのは
背中を押してくれた皆さんがいたから

それをつなぐ自転車があったからだ
皆さんの その想いをボクは 

届けたい!! 精一杯!!)」


アナウンス
「両者並んだまま 最後のゴールにとびこむ!!」

ゴールゲートをくぐる2人

観客
「決まった!!」

報道カメラマンのシャッター音が鳴り響く



ゴールゲート際の応援エリアで、レースのコース上で、 リタイアした救護所で、放送で結果を聞く人々



そのわずか前

第4救護室では手嶋がベッドに横たわっている

手嶋
「(小野田… おまえはキセキを信じるか)」

係員が本部に連絡を取っているのが聞こえる

係員
「ゼッケン5番 千葉 手嶋選手のリタイアを確認しました
はい そうですね 

各ゼッケンは そのレースをゴールしないとあたえられないという
ルールになってますから…

山岳ゼッケンは――― 2位通過の11番葦木場選手のものに…
はい 厳しいですが ロードレースのルールですからね」

手嶋
「(山岳ゼッケンはオレの手をすり抜けていった
けれど いつでも 道はひとつしか選べない

オレにはあの時『2つの選択肢』があった
3人がうしろから追いついてきてくれた時

オーダーを出して小野田を留まらせてオレを引かせて
山岳賞を守りながら鳴子と今泉にゴールをたのむ方法と

山岳ゼッケンを捨て 
最後のゴールをおまえたち全員に託す方法と)」

ラジオがゴールが決まる瞬間を伝える

手嶋
「(何でだろうな 小野田… あの瞬間 オレは
少しも迷わなかったよ

オレがキセキを信じるかって? 決まってるだろ そうだよ
オレは才能もセンスもねェ ずっとそれでやってきたんだ
信じてるさ 

仲間の力を)」



ゴールを先に通過したのは小野田だった

左手を高々と掲げる小野田

小野田
あああああ

アナウンス
「インターハイ3日目 最終日 最初にゴールしたのは
総北高校!! ゼッケン1番 2度目の頂!!
小野田坂道選手!!



****感想****

小野田くん優勝!!!!!

やっぱり主人公は強し!! 少年漫画は主人公が勝たなきゃね

弱ペダは3年間小野田くんが勝ち続ける話なのか!?


真波くんは「自分が」責任を果たすために勝ちたいわけで

一方、小野田くんは「みんなのために」勝ちたいわけです
これは想いの人数の問題なのか?

そんな単純な話じゃないけれど、背中を押してくれる人が

たくさんいる方がやっぱり強いのかなぁ


あと!手嶋さん!!

リタイアしたら、山岳賞、取ったことにならないんですね

そりゃそうだけどさー、ルールはわかるけどさー、記録からも

抹消されちゃうんだ

手嶋さんはそれがわかってて小野田くんたちを行かせたんですね
ううう(泣)

せっかく葦木場くんと闘って勝ったのに、ゼッケンは葦木場くんの

物になってしまうんですね

でも、葦木場くん「このゼッケンは純ちゃんのものだよ」とか

言って手嶋さんに渡しに来そう(笑)

そして手嶋さんは「いやそれはおまえのモンだ 次の勝負では

オレが勝つけどな」とか言いそう


さて、決着ついたけど、小野田くんは巻島さんと会話できるでしょうか??


巻島さんってば、目を離すとすぐに会わずに帰っちゃいそう

だからなー

田所さんの車で来てたから、ちゃんと待っててくれるかな?


今日はこれでおしまいです。

来週はGWでお休みですね。

再来週もどうぞよろしくお願い致します。



★最近の記事はこちら★

弱虫ペダル ネタバレ【539】

弱虫ペダル ネタバレ【538】

弱虫ペダル ネタバレ【537】

弱虫ペダル ネタバレ【536】

弱虫ペダル ネタバレ【535】

nice!(3)  コメント(0) 

弱虫ペダル ネタバレ【539】 [ネタバレ(あらすじ)]

みなさま、こんにちは。

さて、今回は
弱虫ペダル ネタバレ【539】をお送りします

U-NEXTで「弱虫ペダル」全シリーズが絶賛配信中!

しかも31日間無料お試しだよ!

詳しくはこちら





まずはあらすじからです!

IH3日目最終局面、真正面のゴールに向かい、前だけを見て突き進む真波と坂道
並んでいた両者だったが、ゴール前の斜度が上がる区間を終えると真波がわずかにリードする!
そしてついにゴールまでのこり100m!! この差をひっくり返せるか!?


★目次はこちら★


前回を詳しく読みたい方は弱虫ペダル ネタバレ【538】をどうぞ!

<弱虫ペダルの電子コミックはこちらがオススメ! 立ち読みもカンタンです!>




勝者はどちらに?



それでは、弱虫ペダル ネタバレ
 【539:2人のラストスプリント】のスタートです!!


アナウンス
「インターハイ3日目最終日 最後のゴールまで のこり100m!!

真波も小野田も下ハンドルに持ち直して、一斉に腰を上げる

アナウンス
「両者 ゴールスプリント体制に入る!!
ゴールに向けて 全開ダッシュ!!」

観客からの声援が更に増す
「ならべ総北!!」
「ふりきれハコガク!!」



真波
「(ふりきる ふりきる!! はねのける!! 絶対に!!)」

小野田
「(心臓がバクハツしそうだ 
背中が痛い 体中が痛い 骨も筋肉もバラバラになりそうだ

苦しい だけど不思議だ ヘンな感覚だ 
頭じゃわかってるのに―――

皆はもう 役目を終えてうしろにいる わかってるはずなのに
何故だろう あの黄色いゲートの下で

『何やってんだよ』 『はやく来いよ』って
『最後はキバれや』って 『ここですよ』って

皆がボクを――― 励ましてくれてる気がするんだ!!)」

小野田の目にはゴール下に並ぶチームメイトの姿が見える

「はい!!」と返事をしてケイデンスを更に上げる小野田

加速し、真波に追いつく


スポンサーリンク



観客
「総北 小野田!!」
「山王!!」

「土壇場で箱根学園に―――――」
「ゼッケン1番の選手 一瞬笑ってなかった?」

「並んだ!!」

「ゴールまでのこり60m!!」

「山王ォォ!!」
「ハコガク――!!」


古賀
「小野田ぁ!!」

応援しつつも古賀は手嶋に思いをはせる

古賀
「(手嶋 見てるか 純太―――!!
大会前から何度も―― 

最後のゴールを獲る気があるかと問われ
一貫して”ない”と答えてきた男が

おまえが全てを捨てて託した 
3人の後輩のうちの1人が 今

その意思をしっかりと受け継ぎ 
ゴールスプリントを走ってる!!)」

古賀は小野田にも思いを寄せる

古賀
「(小野田… 
今おまえが自信があるかと聞かれたらどう答える?

聞くまでもないか
おまえはジャージを託されるたびに 

その表情をかえていく不思議なヤツだ
まかされる度に強くなる その表情はもう

『自信に満ちあふれているのだから』!!)」



小野田も真波も雄叫びを上げながらゴールへと向かう

のこり50m

応援の声も最高潮になる



こうして2人はゴールにとびこむ

そして2度目の長かった闘いが 終わる



****感想****

今週は50m近づきました!!

そして小野田くん、真波くんに並んだ―――!!

これは僅差のゴールとなりそうですね

写真判定でもしないとわからないくらい?

でも走ってる本人たちはどっちが勝ったかわかるんだったよね?


2度目の長かった闘い―――

ということは、やっぱり3年間ずっと最後のゴールは小野田くんと

真波くんの一騎打ちになるということなのか?

山王小野田、3年連続の優勝なんでしょうか?


とうとう来週はフィナーレのようですよ

カラー&爆増29Pですって!!

約1.5倍のページ数ですよ 先生頑張って――!!



今日はこれでおしまいです。
来週もどうぞよろしくお願い致します。



★最近の記事はこちら★

弱虫ペダル ネタバレ【538】

弱虫ペダル ネタバレ【537】

弱虫ペダル ネタバレ【536】

弱虫ペダル ネタバレ【535】

弱虫ペダル ネタバレ【534】

nice!(4)  コメント(0) 

弱虫ペダル ネタバレ【538】 [ネタバレ(あらすじ)]

みなさま、こんにちは。

さて、今回は
弱虫ペダル ネタバレ【538】をお送りします

U-NEXTで「弱虫ペダル」全シリーズが絶賛配信中!

しかも31日間無料お試しだよ!

詳しくはこちら





まずはあらすじからです!

IH3日目最終局面、ゴールまでのこり300m弱
坂道と真波の一騎打ちは激しさを増し、ゴール地点で待つ金城らの目に映る地点まで来て…!?


★目次はこちら★


前回を詳しく読みたい方は弱虫ペダル ネタバレ【537】をどうぞ!

<弱虫ペダルの電子コミックはこちらがオススメ! 立ち読みもカンタンです!>




張り詰める空気を切り裂き、
二人の熱が・・・ゴールへと迸る!!


それでは、弱虫ペダル ネタバレ
 【538:勾配】のスタートです!!



真波
「限界の――― 最後の一滴まで争うような闘いをやろうよ」
「楽しみだね」

「やろうよ 出しおしみのない勝負を」
「インターハイで」




アナウンス
「ゴールまでのこり170m!!」

真波
「そ れぇぇ!!」

観客
「のこり160m!!」
「並ぶ!!」

「2人!!」
「真っ向勝負!!」

小野田
「あああ あああ」

ピッタリと並んだまま走る2人

観客
「のこり150m!!」
「まだ並ぶ!!」

「けど ここから先は ゴール前に向かって少しだけ――
斜度が上がってる区間がある!!」

真波・小野田
「(斜度が 変わる!!)」

小野田はギアを1枚軽くして、回転数はそのまま登り始める

真波は反対にギアを重くして、バイクを振りながら速度はそのままに駆け上がる

観客
「すげぇ!! 逆転の発想!!」
「あんなことできるのかよ!!」

「フツウやんねェよ」
「力ワザ!!」

「今年の箱根学園は―――本気でジャージを奪い返しに来てる!!」
「ギアの差はそのまま速度の差になる」

「斜度の変化が終わって――― 
車体ひとつ分箱根学園 真波が前に出た!!」

沸く歓声

スポンサーリンク


観客
「ハコガク――!!」
「総北―――ッ」

「ふめー!!」
「ゴールまでのこり110m!!」
「いけぇぇ!!」

「山王ォォ!!」
「総北ゥゥ」

真波
「(このまま いけぇぇ!!
あとはゴールに向かって100m踏むだけだ!!)」

小野田は前をしっかりとにらむ

小野田
「(ついた!! 差が…!!
小さい差だけど『ここ』では大きな差が!!

だけど 苦しいけどボクは―――――
まだあきらめないよ 真波くん!!)」

歯を食いしばる真波

真波
「(坂道くん――― もうすぐだよ
もうすぐ”約束の勝負”が終わる!!)」

観客
「のこり100m!!」



****感想****

今週は70mゴールに近づきました

ちょっとの坂、ギアを上げる小野田くんとギアを下げる真波くん

回転数が売りの小野田くんはこれで正しい

全てを力に変える真波くんもこれで正しい

でも2人の差が車体1台分付きましたね


のこり100m

小野田くんはこの差をどう埋めるのか

追いつくだけじゃなくて、少しでも真波くんより前に行かなきゃ

いけないんですよね


プロのロードレーサーだとゴール前は時速60kmくらいだそう

です

まぁそこまではないにしても小野田くんたちは時速40kmくらい?

ということは1分で600mくらい?

100mといったら10秒くらいでしょうか?

追いつくのか??小野田くん

さすがに無理なんじゃ??


来週から3週連続でカラーらしいので、決着つくのは来週か再来週

でしょうか?

勝っても負けても、ゴールした後、小野田くんと巻島さんに話させて

あげたいなぁ


今日はこれでおしまいです。
来週もどうぞよろしくお願い致します。



★最近の記事はこちら★

弱虫ペダル ネタバレ【537】

弱虫ペダル ネタバレ【536】

弱虫ペダル ネタバレ【535】

弱虫ペダル ネタバレ【534】

弱虫ペダル ネタバレ【533】


nice!(3)  コメント(0) 

弱虫ペダル ネタバレ【537】 [ネタバレ(あらすじ)]

みなさま、こんにちは。

さて、今回は
弱虫ペダル ネタバレ【537】をお送りします

U-NEXTで「弱虫ペダル」全シリーズが絶賛配信中!

しかも31日間無料お試しだよ!

詳しくはこちら





まずはあらすじからです!

IH3日目最終局面、ゴールまでのこり300m
巻島からの「オレを抜け」という言葉を背負い、真波に再び並んだ坂道
ゴール地点で待つ者からの声援も轟く中、両者は更に加速
互いの全開全力を出し切る最後の勝負へと突入し……!?


★目次はこちら★


前回を詳しく読みたい方は弱虫ペダル ネタバレ【536】をどうぞ!

<弱虫ペダルの電子コミックはこちらがオススメ! 立ち読みもカンタンです!>




響き渡る大声援!
想いを背負い、ゴールへ!!


それでは、弱虫ペダル ネタバレ
 【537:一騎打ち】のスタートです!!



アナウンス
「のこり300mです 先頭2名が近づいてきています」

声援の中ゴールへと走る小野田と真波

小野田・真波
「(近づいてる!!)」

真波
「(ゴールライン!!)」

小野田
「(ゴールゲート!!)」

両チームのチームメイトたちも声をかける

チームメイトたち
「小野田!!」
「小野田さん!!」

「小野田ぁぁ!!」
「真波さん!!」
「山岳さん!!」

「真波!!」
真波さん!! 箱根学園の去年の雪辱果たしてください!!

アナウンス
「奇しくも今年のインターハイのゴールもこの2人!!同じ2人
総北高校 小野田坂道選手と 箱根学園 真波山岳選手!!
この2人の―――一騎打ちです!!」

スポンサーリンク


大声援の中を走る2人

真波が前に出る

すぐに外から抜き返す小野田

その小野田を抜き返してまた前に出る真波

再び真波に並び、抜く小野田

小野田を追い、抜く真波

真波の後輪と小野田の前輪が接触し、横滑りする小野田

すぐに立て直して、真波に並ぶ小野田

観客
「すげぇ…あの2人」
「……………!!」

「前しか見てねぇ!!」

「聞いたことあるぞ 集中力が極限まで増した自転車の選手は
ゴール前で 相手の位置を”肌”で感じとるって!!

わかってるんだあの2人には!! 

お互いがどれくらいうしろにいてどちら側にいるのか!!
そして目で見てるのは あの 頂あるゴールゲートだけだ!!」

のこり200mのプレートを超える2人

真波
「(のこり200m!!)」

小野田
「(200m!!)」

真波
「(勝つ!!)」

小野田
「(届ける!!)」

アナウンス
「のこり180m!!」

田所
「来るぞ金城!! のこり200mを切った!!」

荒北
「(真波ィ!)」

金城
「(小野田!!)
ロードレースとは実に残酷なスポーツだ!!

100人以上が勝利を目指して走っても 
勝つ者は常にたった1人しかいない!!

できることならあの2人を今すぐここで止めて
肩をたたいて『よくやった 2人とも勝者だ』と言ってやりたいよ

だが
そんなことにならないことはヤツらはわかってる

『それ』を覚悟して走ってる!!

このあと確実にあの2人のどちらかが 『勝者か敗者になる』!!





****感想****

前しか見てないのに、抜いたり抜き返されたり目まぐるしく替わる

小野田くんと真波くんの位置

自転車選手に限らず、どこに相手がいるか、ゾーンに入ると見なくても

わかるって言いますねスポーツ選手なら

まさに2人は今ゾーンに入ってるんでしょう

ぶつかってもほぼ影響を受けないレベルなんてすごいぞ!!


さてのこり300mがほぼ半分の180mになりました

次の回で決着つくかなぁ? 

次回は巻頭カラーとかではないから、次の次かなぁ??



今日はこれでおしまいです。
来週もどうぞよろしくお願い致します。



★最近の記事はこちら★

弱虫ペダル ネタバレ【536】

弱虫ペダル ネタバレ【535】

弱虫ペダル ネタバレ【534】

弱虫ペダル ネタバレ【533】

弱虫ペダル ネタバレ【532】

nice!(4)  コメント(0) 

弱虫ペダル ネタバレ【536】 [ネタバレ(あらすじ)]

みなさま、こんにちは。

さて、今回は
弱虫ペダル ネタバレ【536】をお送りします

U-NEXTで「弱虫ペダル」全シリーズが絶賛配信中!

しかも31日間無料お試しだよ!

詳しくはこちら





まずはあらすじからです!

IH3日目最終局面
巻島からの「オレを抜け」という言葉とともに、常に眼前にいる”憧れ”の背を超えた坂道VS真波、
最終決戦へ…!



★目次はこちら★


前回を詳しく読みたい方は弱虫ペダル ネタバレ【535】をどうぞ!

<弱虫ペダルの電子コミックはこちらがオススメ! 立ち読みもカンタンです!>




憧れへの想い。それが原動力!
今こそ力、真波にぶつける時!!


それでは、弱虫ペダル ネタバレ
 【536:最後の300m】のスタートです!!


加速する小野田

小野田
「ありがとうございます 巻島さん!!」

自分の中の巻島と対話しつつグングン加速する

小野田の加速に沸く観客たち

観客
「おおお」
「ヤバッ」

「総北 山王!!」
「前に差をつけられてこのまま箱根学園に決まるかと思ったけど」

「うそだろ」
「すげぇ」

「もりかえして――― インターハイ3日目最後のゴールまで
のこり350mで 先頭箱根学園真波に追いついた!!

「ヤベェ トリハダ!!」
「おおお」

「すげぇ 山王!!」
「いけぇ!!」

「すごい対決!!」

真波に並んだ小野田を観客は大歓声で迎える

真波
「まいったね…!! さっきので『決まった』と思った
正直『いける』って思った 

キミはもう全部出しきったと思ったのに
どこにそんな力を隠し持ってたのさ!!」

小野田は息を切らせながら返答する

小野田
「これは………… この力は… もらったもの…だ

友達から 後輩くんから 先輩から 
――――― いろんな人から

これまでの道のりの中で思いと一緒に 
みんなからもらったものだ!!

真波
「へぇ… なるほどね 
そうやっていろんな人からの助けをもらって

常に成長し続けるってこと?
限界なくステップアップし続けるってこと?

キミらしいね!! おもしろいよ!! 坂道くん」

小野田
「真波くん」

真波
「じゃあ 始めようか
最後の勝負を あの黄色いゴールゲートまでの闘いを

のこり300mだよ

2人の目の前に見えるゴールゲート

LAST300mの立て看板が迫る

2人ともハンドルを握る手に力がこもる

真波
「出しきろうよ 全開でいくよ オレ!!」

小野田
ボクも 全力でいく!!

同時に加速する2人

真波
「(坂道くん!!)」

小野田
「(真波くん!!)」

真波・小野田
「(最後の――――― 
全て出し切る勝負(オールアウトクライム)だ!!)」

観客
「両者加速!! 始まった!!」
「最後の箱根学園 総北 全開バトル!!」

「すげぇ!!」
「イン側ギリギリを攻める!!」

「やっば」
「ハンドル壁に当たってる!!」

真波
「(どんどん強くなっていくね キミは

オレ正直――― 
さっきも言ったけど あれで決まりだと思った

けど一方で少し寂しいとも思ってた 
あっけない終わり方だな…と

よかったよ キミが追いついてきてくれて
もったいないでしょ!! 

こんな限界の勝負 二度はできないんだから!!)」

観客
「ゴールに向かって 両者どんどん加速していく!!」

ゴールでは総北の面々が固唾をのんで待ち構えている

古賀
「来る!!」

杉元
「もう2人の姿見えてる!!」

田所
のこり300m!!





****感想****

のこり500mで10mの差
巻島さんとの邂逅の時でのこり400m

そこからわずか50mで10mの差をゼロにしましたよ!!

すごい小野田くん!!!

そりゃビンディングトラブルでついた差だし、実力とか疲労とかで

ついた差ではないけれど、でも前を走る真波くんだってウサギとカメ

のウサギではないわけですよ

別に小野田くんが来ないからって、手を抜いてのんびり走っていた

わけではないし、昼寝してたわけではないんです

なのに一瞬で追いついちゃいました

さすがにもう少しはかかると思ったんだけどなぁ

まさか50mで追いつくとは思わなかった

どんだけ巻島さんの影響が強いのかってことですよ(笑)


ということは、やっぱり小野田くんの方が速い???

全力勝負なら真波くんより小野田くんの方が強いってことなのかな?


次で決着はつかないかなぁ?

のこり100mとかが長いよね、弱ペダって(笑)


今日はこれでおしまいです。
来週もどうぞよろしくお願い致します。



★最近の記事はこちら★

弱虫ペダル ネタバレ【535】

弱虫ペダル ネタバレ【534】

弱虫ペダル ネタバレ【533】

弱虫ペダル ネタバレ【532】

弱虫ペダル ネタバレ【531】


nice!(3)  コメント(0) 

弱虫ペダル ネタバレ【535】 [ネタバレ(あらすじ)]

みなさま、こんにちは。

さて、今回は
弱虫ペダル ネタバレ【535】をお送りします

U-NEXTで「弱虫ペダル」全シリーズが絶賛配信中!

しかも31日間無料お試しだよ!

詳しくはこちら





まずはあらすじからです!

IH最終日
ビンディングが外れた坂道は真波に離され、ゴールまで残り500mの地点で10mの差をつけられてしまう
先頭の真波が東堂の応援で更に加速する一方、坂道は応援に来た巻島の「オレを抜け」という言葉で、ある過去を思い出し…!?



★目次はこちら★


前回を詳しく読みたい方は弱虫ペダル ネタバレ【534】をどうぞ!

<弱虫ペダルの電子コミックはこちらがオススメ! 立ち読みもカンタンです!>




憧れ続けた巻島の背中-----
それを超える時は今!!


それでは、弱虫ペダル ネタバレ
 【535:越えたい背中】のスタートです!!



峰ヶ山で巻島と一緒に走った最後の練習の時、小野田は最近の 2年生たちの間では、卒業するまでに3年生を抜くぞと意気込ん でいるという話をする

小野田
「今日も最後 負けちゃいましたけど 
ボクも何とか巻島さんが卒業するまでには何とか強くなって
って思ってるんですけど

また そ その時は勝負してもらえますか」

巻島
「……… オレはいつでもおまえと走ってるショ
そう思えば 勝負なんざいつでもできる

つづら折りの登りのカーブで 果てなくつづく1本道で
草おいしげる田舎道で 来年も そのつぎも 

オレはおまえの前を走ってる だから抜け 強くなれ ―――坂道!!」




場面は戻ってインターハイ最終日のゴール前

小野田の目の前に、柵から身を乗り出すようにする巻島

巻島の姿に歓喜の表情を浮かべる小野田

小野田
「(巻島さん!!)」

巻島
「オレはいつでもおまえの前を走ってる!! だから
オレを抜けっショ 坂道ィ!!

小野田
はい!!

途端に気合の入った表情になり加速する小野田

その背中を見送る巻島

巻島
「(―――あの頃 今泉も鳴子も小野田も 
先輩の背中 超えたがってた アツくてガリガリしててなァ

珍しくおまえまで『勝負』なんて言葉つかってヨ
オレはあの日本での最後の峰ヶ山でおまえと走って
おまえの口からその言葉が出た時

秘かにオレは ”成長したなァ”って 思ったんだヨ
いけ坂道 

結果は聞かねェ のこり400mちょっと おまえの出せる力―――)
限界まで 絞り出せショ!!

小野田
「はい!!」



小野田も加速する

小野田
「(巻島さん――― 巻島さんが最後の峰ヶ山で言ってた言葉だ

そうか そういうことだったのか―――
今ごろになって――― こんな時になって気づきました

いるんだ いるじゃないか いつも
そうだ ボクは重ね合わせて走ってきた

この道の先にいつも 世界で一番カッコよく走る―――
巻島さん あなたのその背中を!!)」

今の小野田にははっきりと自分の前を走る巻島の姿が見えている

その巻島が振り返り「抜けるか オレが!! 坂道」と言う

小野田
「はい!! お願いします!!」

跳ね上がる小野田のプレッシャー

前を走る巻島の幻影と勝負する小野田

小野田はぐるぐるとケイデンスを上げる

小野田
「(巻島さん!! 巻島さん!! 巻島さん!!
巻島さんは 体とバイクを傾けて独特のスタイルで登る
世界一速くてカッコイイ クライマー

1年前のインターハイが終わってまだ日の浅い日
皆で3年生を何とか超えたいって話になって ボクはあの時本当に
ボクは生まれてはじめて 誰かを超えたいと思ったんだ!!)」

巻島の幻影と並ぶ小野田

小野田
「(巻島さん!!
ボクはあれからつらいこともあったけどたくさん練習して
少しはあなたに近づけたと思ってます!!)」

横に並ぶ巻島の幻影を見る小野田

巻島の幻影は「どうした坂道 遠慮するなよ 抜け」と言う

思わずぎゅうとハンドルを握りしめる小野田

巻島の幻影は「強くなったな」という言葉と共に、小野田の背に 手を当てて小野田の背中を押すのだった



加速していく小野田の背を見送る巻島

巻島
「クハ 強くなったな 坂道」







****感想****

憧れの先輩、巻島がいなくなったことで、大きな喪失感から練習に

身が入らないでいた小野田くん

手紙を読んでもらってることでちょっと持ち直してたけど、

まだ完全には戻ってなかったんですね

あの最後の日に言われた言葉が、やっとここで身体の中にちゃんと

入ってきました


いなくなったんじゃない 

物理的に距離は離れていてもいつもそばで走っているんだ!!


だからいつだって勝負できるし、力ももらえるんだってことですね

これが「憧れ」だった先輩を超えた瞬間

憧れのままではいつまでも後ろしか走れない

超えてこそ、一緒に走ることができるんですね


さて、のこりは400m

真波くんとの差はどのくらいでしょう
主にビンディングのトラブルでついた差だから、体力面精神面では

負けていないはず

でもさすがに追いつくのはゴール前ギリギリかなぁ



今日はこれでおしまいです。
来週もどうぞよろしくお願い致します。



★最近の記事はこちら★

弱虫ペダル ネタバレ【534】

弱虫ペダル ネタバレ【533】

弱虫ペダル ネタバレ【532】

弱虫ペダル ネタバレ【531】

弱虫ペダル ネタバレ【530】


nice!(3)  コメント(0) 

弱虫ペダル ネタバレ【534】 [ネタバレ(あらすじ)]

みなさま、こんにちは。

さて、今回は
弱虫ペダル ネタバレ【534】をお送りします

U-NEXTで「弱虫ペダル」全シリーズが絶賛配信中!

しかも31日間無料お試しだよ!

詳しくはこちら





まずはあらすじからです!

IH最終日
坂道にもゴール前を闘う資格があるとゴール地点で荒北に説いた金城
その一方、ビンディングが外れた坂道はじわじわと真波に離され窮地に
その後ビンディングがはまった坂道だが、ゴールまで500mの地点で真波との差は10mに開き!?


★目次はこちら★


前回を詳しく読みたい方は弱虫ペダル ネタバレ【533】をどうぞ!

<弱虫ペダルの電子コミックはこちらがオススメ! 立ち読みもカンタンです!>




仲間との繋がり-----
それが元気の素!!


それでは、弱虫ペダル ネタバレ
 【534:先輩からのエール】のスタートです!!



小野田
「(どうする!! もうすぐゴール 前との差は10m!!
この差を埋めないと!! どうする!! どうする!!
――――――!!)」



ゴール間近、観客の大歓声の中を進む真波と小野田

アナウンス
「見えてきました先頭2人!! 箱根学園と総北高校!!
どちらが先にゴールゲートをくぐるのか 
インターハイ3日目 最終日 ゴールまで のこり500m!!
そのラインを箱根学園 真波が軽々と通過していく!!」

真波
「(いくよ このまま!!)そ お!! れ!! (全開で!!)」

真波が更に加速する

アナウンス
「鮮やかなダンシング!! ハコガク2年生にしてエースクライマー
天空の羽根王子(スカイプリンス)真波山岳!!
ゼッケンは13番だ!!」

それを聞き、真波は東堂のことを思い出す

真波
「(ゼッケン13番――― この”3番”をくれた東堂さん
オレが苦しんでる時 言葉をくれた東堂さん

今 この状況を見たら
『またメガネくんと最後の勝負をしているのか 好きだな
これはもはや―― 運命だな

て 言われそうだ!!
そしてもし この会場にいたら きっと言う言葉はひとつだ―――
―――――!!)」

真波の目の前に、その東堂が立っている

目を見張る真波

東堂
「そうだ それでいい 自由に走れ 真波よ!!

腕を真横に伸ばす東堂の、ギリギリ横を通る真波

真波
はい!! ありがとうございます 東堂さん!!

その場で加速する真波

真波
「(すごい すごいや 
東堂さんのこと考えてたら東堂さんいるとか!!

あの人 本物の山神かも(笑)
そして東堂さんやっぱり 期待通りのことを言ってくれる!!

普段はおしゃべりで口数も多いのに 
大事なとこでは 言葉少なに背中押すんだ!!)」



小野田も高い位置に立ってみている巻島の姿をとらえていた

小野田
「(あれは―――) 巻… 巻… …ま 巻島さぁん!!

歓喜の表情で巻島の名前を呼ぶ小野田

巻島
「坂道ィ!!」

小野田
「(来てくれたんだ ああ 見に来てくれたんだ 最後のゴールも!!
ボクらのことを!!)」

小野田の体にたちまち闘志が立ち昇る

小野田
「巻島さん!!」

プレッシャーが湧き上がる小野田

巻島
「クハ!! 何でおまえはいつも… そうやって 
一生懸命走ってんショ

何でおまえはそうやっていつも まっすぐなんだヨ!!

走り出す巻島 

巻島
「(クハ!! 何やってんだオレ 
冷静にあいつのこと 上から見守ろうって思ってたのに
何 走り出してんショ オレ!!)」

巻島は山を下り、沿道の観客の中に割って入る

巻島
「(おまえはいつもドリーム叶えてきた
一等最初の1年生レースの時も 

インターハイで田所っち救出に下がった時も 
去年インターハイで優勝した時も

なのに おまえは 決まって最後こういうんだ
”ありがとうございました” ホントに

ありがとうはこっちなんだよ 坂道!!

去年インターハイ1日目 箱根で追いついてきてくれた時も
そして オレがイギリスに行ってからずっと送ってくれてる手紙のことも)

クハ!! まァ… 直接は言わねェけどな!!」

観客と道路を区切るボードの上に登り、身を乗り出す巻島

ざわめく観客たち
「何だ!?」
「1人観客がボードの上に乗りあげてる」

「え」
「フラフラしてる!?」
「すげぇ 傾いてるぞ!!」

巻島
「(オレは巻島裕介 自転車で語る男 気のきいたことは言えねェ
おまえには――― 昔 峰ヶ山で言ったあの言葉を贈るショ!!)

坂道ィ!!

つづら折りのカーブで 果てなく続く一本道で
草おい茂る田舎道で オレはいつでもおまえと一緒に走ってる!!

だから オレを抜けショ 坂道ィ!!

小野田が歓喜の表情から、気合の入った表情へと変わる

更に湧き上がるプレッシャー

小野田
「はい!!」






****感想****

巻島さんが!! あの巻島さんが!!

まさかの走って下ってきて柵の上に身を乗り出しですよ!!

絶対高いとこから見守ってるぞオーラを出しまくりで、それを見た

小野田くんに気合注入!だと思ってたんですが

あんな間近まで身を乗り出しての声かけですよ!!

これはもう小野田くんに大量エネルギー注入ですね!!

さっきまでの10mの差なんて一瞬で無くなる勢いで真波くんに

追いつくことでしょう

先の東堂さんの柵の側から腕を伸ばして、なんてのは吹き飛ばされちゃ

いましたよ

それも絶対にやりそうにない巻島さんってとこが赤丸ですね!!


ということは、やっぱり小野田くんが今回も優勝??

3年連続小野田くんが優勝ってのがこの話の最終ゴールなのかなぁ??



今日はこれでおしまいです。
来週もどうぞよろしくお願い致します。



★最近の記事はこちら★

弱虫ペダル ネタバレ【533】

弱虫ペダル ネタバレ【532】

弱虫ペダル ネタバレ【531】

弱虫ペダル ネタバレ【530】

弱虫ペダル ネタバレ【529】


nice!(3)  コメント(0) 

弱虫ペダル ネタバレ【533】 [ネタバレ(あらすじ)]

みなさま、こんにちは。

さて、今回は
弱虫ペダル ネタバレ【533】をお送りします

U-NEXTで「弱虫ペダル」全シリーズが絶賛配信中!

しかも31日間無料お試しだよ!

詳しくはこちら





まずはあらすじからです!

IH最終日、ゴールまであと600m!!
ゴール地点で金城は、巻島が外国に行った後の坂道の姿を思い出していた
巻島の不在で悲しみに暮れる坂道に、自分も尊敬する先輩が去っていった経験があると話した金城
その話を聞いてから坂道の復調が始まり!?


★目次はこちら★


前回を詳しく読みたい方は弱虫ペダル ネタバレ【532】をどうぞ!

<弱虫ペダルの電子コミックはこちらがオススメ! 立ち読みもカンタンです!>




仲間との繋がり-----
それが元気の素!!


それでは、弱虫ペダル ネタバレ
 【533:復調】のスタートです!!


今年1月の峰ヶ山 

降雪明けの最初の練習の日、総北メンバーは坂を登っている

ボトルを落としたため一旦後ろに下がったはずの小野田が、もう先頭に追いつこうとしていることに驚く3人

笑顔で追いついた小野田は、途中で千切れた青八木まで連れて来ていた

手嶋は小野田の復調を感じる

手嶋
「(小野田 この感じ…!! 戻ってる? 復調してる!?
何があった!? それはどうでもいい!!)

よし今からメニュー変更だ 各自ペースで登るつもりだったが
小野田 一番で山頂までいけるか”競争”だ」

小野田
「え?」

手嶋
「だが条件をつける 
おまえはあそこの自販機で1分間足をついて待って

今泉――― 最近登れる鳴子も オレもいる 
それでもいけるか!?」

小野田
「(……… 1分… 4km―――)
はい!! 試してみます!!

手嶋
「よしスタートだ 他のヤツは小野田に追いつかれるな
(まずそこで『試してみる』ってメンタルが復調のキザシだ!!)」



実際に鳴子を抜き、手嶋と今泉も抜き、一位で山頂に達する小野田

今泉
「くそ 完全に油断した あのタイミングで来るとは…」

小野田
「できた~ よかったぁ~」

ゴールした途端、よろよろと雪の山に突っ込んでいく小野田

手嶋
「(すげぇ… やりやがった 小野田
オレを抜いた時の あの目―――

間違いない 復調してる ははは!! いいぞ小野田!!)」

手嶋はさっそく金城にこのことを報告する



場面はインターハイ最終日のゴール前に戻る

金城
「そうして小野田はようやく暗闇を抜けた
オレもその時まで気づかなかった
小野田が何をモチベーションとして自転車に乗っているのか」

荒北
「(モチベーション――― 
何を原動力にしてるかってコトかよ!!)」


金城は一度小野田に「来年もインターハイの舞台で勝ちたいか」
聞いたことがあった

しかし小野田は「ほかの皆さんが勝ってくれてボクはそのサポートができれば」と答えたのだった


金城
「オレはその時それを 小野田がよくやる『遠慮』だと思った
だが それは本心だった

巻島の 片すみの一筆で心おどらせたように
初めての1年生レースでバイクを渡され 
2人を追いかけるためにすぐまたがったように

ヤツは『勝利』をのぞんでいない
序列でいえばかなりうしろの方だろう

全く… あいつの意外性にはいつも驚かさせるよ
前を追いかけるために――― 仲間とつながるために―――

ただそんなシンプルな理由で 自転車に乗っているんだ
最もわかりやすい理由じゃないか そして

託され 頼まれ 精一杯走るその走りは―――
ロードレースの走り方 そのものじゃないか

荒北
「ハッ ナルホドねェ
だとしたらアンのかもしれねェな 小野田チャンにも
インターハイの最後のゴールを闘う”資格”ってのが!!



金城たちがそんな話をしている頃小野田はペダルから外れてしまった靴のビンディングと格闘していた

観客
「のこり600mを切った」
「ハコガク真波が前!! 差がついてる!!」
「ヤバいぞ山王!!」

小野田
「(はまれ はまれ はまれ!!)」

バチンと音を立ててようやく嵌まる靴

小野田
「(はまった!!)」

急いでケイデンスを上げて加速する小野田

アナウンス
山王 再び加速する!! 息をふきかえした けどヤバイ!!
ついた差が埋まらない!!」

小野田
「(差を埋めないと!!)」

アナウンス
「このまま決まるのか のこりもうすぐ500mで10m程の差が
ついています」

小野田
「(どうする…!! どうする…!! どうする…!!)」

必死に頭を働かせる小野田

アナウンス
「ゴールまでのこり500m!! 前との差はかわらない!!」

小野田
「(どうする!!)」

焦る小野田

小野田
「――――――!!」

その時小野田の目に飛び込んできたのは、巻島の姿だった




****感想****

小野田くんは「勝ち」たくて自転車乗ってるわけじゃない

皆と一緒に走りたくて自転車に乗ってるんだ!!

それってかなり特殊な、そしてある意味純粋な動機ですね

でも小野田くんらしいというか…


そんな小野田くん、外れていた靴がようやく嵌まりました!!

やっとケイデンスを上げられるー!!よかったよかった

そんな状態で真波くんとの差がこれくらいなのは、まあまあ頑張って

いる方だとも言える??

しかし!!

荒北さんが言ってた「のこり500mで10m以上の差がついてたら

前を走ってる方が勝ち」説によると、小野田くんギリギリの崖っぷちに陥ってます

ちょうど10mくらい? 「以上」ではない でもギリギリ

このままでは追いつかないー!!ってところで真打登場

巻島さん登場ですよ!! 

小野田くんのテンションがMAXに跳ね上がるはず!!

頑張れ!追いつけ!小野田くん!!


今日はこれでおしまいです。
来週もどうぞよろしくお願い致します。



★最近の記事はこちら★

弱虫ペダル ネタバレ【532】

弱虫ペダル ネタバレ【531】

弱虫ペダル ネタバレ【530】

弱虫ペダル ネタバレ【529】

弱虫ペダル ネタバレ【528】

nice!(3)  コメント(0) 
前の10件 | -
外為ジャパンを紹介