So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

弱虫ペダル ネタバレ【497】 [ネタバレ(あらすじ)]

みなさま、こんにちは。

さて、今回は
弱虫ペダル ネタバレ【497ページ】をお送りします


まずはあらすじからです!





日々の筋トレを変えよう!

バルクアップHMBプロ






IH最終日、ゴールまで残り5.5km
坂道ら総北は一瞬の隙をつかれ御堂筋に200mの差をつけられた
窮地を脱するため、立ち上がったのは…!?


★目次はこちら★


前回を詳しく読みたい方は弱虫ペダル ネタバレ【496】をどうぞ!


<弱虫ペダルの電子コミックはこちらがオススメ! 立ち読みもカンタンです!>




ボロボロの身体に鞭を打ち
鳴子が立ち上がる!!



それでは、弱虫ペダル ネタバレ
 【497:鳴子特急!! 】のスタートです!!



鳴子
「まかせとけ ワイが引いたる!! 
乗っていけ 小野田くん ついでにスカシ
鳴子列車の 一番ド派手な
この『最終便』に!!

下ハンドルに握り替える鳴子

鳴子
「おるああああああ」

小野田
「(鳴子くん…今 『最終便』…て!!)」

泣き出しそうな小野田

今泉も歯を食いしばり、ハンドルをぐっと握りしめる

今泉
「ああ たのむぞ 鳴子!!」

鳴子
「ヨユーで追いついたるわ!! 
いくで!! ふりおとされるなよ
鳴子特急 最高速で運行や!!」

鳴子を先頭に加速する総北

鳴子
「(スカシ!!) おるあああああ」

沿道の観客がそれを応援する

観客
「オオオ 総北 フル加速!!」
「すげぇ」

「3番 鳴子が前だ!!」
「ここ 登りなのに速ぇぇ!!」

「頭も赤 バイクも赤 あいつ派手だ!!」

今泉
「(鳴子… 速い!!)」

観客
「グイグイ登る!!」
「すげぇ総北!!」

今泉
「(―――!! 鳴子!!)」

鳴子
「(そんな心配そうな空気出すなや 小野田くん ついでにスカシ
悲しい顔しとるの伝わってくるで 小野田くん

ワイは天才 鳴子章吉やで 心配すなや まかせとけ 視界も―――
さっきの下りよりは速度が遅い 狭いけど前は見える)」

鳴子の狭い視界に、カーブの先の御堂筋が映る

鳴子
「(見えるわ…… カッカッカ 見えるっちゅーねん!!
『その姿』 『追いついたる』わ 『おまえ』に!! 必ず!!
御堂筋!!)」

鳴子の視線を感じたのか、振り返る御堂筋

御堂筋
「(ナルコォ? キミが先頭!? 何やのナルコォ

さっきの下りでフラつき… 限界かと思うたら
先頭になって引っぱっとる…!!)

フシュ おとなしくあきらめればええのに…
まだ やる気なん? キモォッ!!」

加速する御堂筋

御堂筋
「(追いつく気か このボクにィ この登りでぇ!!
『それがキミのォ 最後の勝負か』!!

ププ…言うたのに… 一番最初にィ 『1回限り』て!!
せやのに初日もゴール前 昨日も山ではりついて

そして今日もて!! しつこいわ)
ほんとうにしつこいねキミはァ!! 鳴子!!

鳴子
「(勝負いうんはな) 決着付くまでが勝負いうんじゃ御堂筋!!
派手に闘(や)ろうや御堂筋!! 最後の勝負を!!

加速する鳴子

観客
「総北鳴子 まだ 加速!!」
「すげぇ 速ぇぇ」

「追いかける 詰めてるぞ」
「この登りを!! じりじり 近づいてる!! 前との差―――

150m!!」

御堂筋が振り返る

御堂筋
「ブア (来よる) 近づいて!!」

加速する御堂筋

鳴子
「登りは 軽量化がキモや もう必要ない荷物は 下ろす」

自転車についているボトルを取り外し、沿道に投げ捨てる鳴子

鳴子
「下ろす」

もう一本のボトルも投げ捨てる

小野田
「(鳴子くん まだ残ってるボトルを)」

鳴子
「そうやって 軽くして 一層加速する!!」

加速する鳴子

小野田
「(鳴子くん!! 『もうこれ以上はやめて』 …………!!)

鳴… (…………)」

言おうとした言葉を飲み込む小野田 頭をぶんぶんと横に振る

小野田
「(違う!! 違う 今やるべきことは止めることじゃない!!

一緒に前を―――――――!! 鳴子くん!!)」

カーブでぐんぐん詰める総北

鳴子
「まてや… まてや ボケ―筋!! 逃がさへんて!!」

そんな鳴子を見て、ザワッと感じる御堂筋

観客
「総北まだ詰める!!」
「前との差……… 100m!!

鬼気迫る鳴子の表情

さすがの御堂筋も目を見開き、驚きを隠せない

今泉
「(200mあった差を 100まで詰めた!! 鳴子!!)」

小野田
「御堂筋くんの背中がはっきり見えた」

御堂筋
「…!! ナ…!! あの男………!!」

鳴子
「ああ そうや も1コ… 軽量化し忘れてたのがあったわ」

鳴子は腰を上げ、サドルまで取り外してしまう

驚く今泉と小野田

鳴子
「サドル(これ)ももういらんな
どうや これが鳴子流 派手究極軽量化登り(デーハー究極ライトウェイトクライム)や!!」

小野田
「(サドルまで…!! 鳴子くん!!)」


バルクアップHMBプロ



****感想****

鳴子くん凄すぎる!!

もうこれで最後と決めたとしても、あの身体の状態では本当なら

ここまではできないはずですよね

まさに鬼気迫るとはこのこと

あの御堂筋もさすがにビビってました

登り返しまでについた差はおいそれとは縮められないはずなのに、

あっという間に半分に!!

もちろん来週には御堂筋に追いついてくれるでしょう


となると、にわかに気になるのは箱根学園

黒田さんと真波くんは今どこに?

まさかここで箱根学園が上がってこないとは考えられませんよね

三つ巴の状況でゴール前まで行くのか?

小野田くんの後ろの状況が気になるところです


今回はこれでおしまいです。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

次回もどうぞよろしくお願いいたします。


★目次はこちら★


★最近の記事はこちら★

弱虫ペダル ネタバレ【496】

弱虫ペダル ネタバレ【495】

弱虫ペダル ネタバレ【494】

弱虫ペダル ネタバレ【493】 

弱虫ペダル ネタバレ【492】






スポンサーリンク






nice!(4)  コメント(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
外為ジャパンを紹介