So-net無料ブログ作成

弱虫ペダル ネタバレ【531】 [ネタバレ(あらすじ)]

みなさま、こんにちは。

さて、今回は
弱虫ペダル ネタバレ【531】をお送りします

U-NEXTで「弱虫ペダル」全シリーズが絶賛配信中!

しかも31日間無料お試しだよ!

詳しくはこちら





まずはあらすじからです!

IH最終日、ゴールまであと600m!!
肩を並べて優勝争いをする坂道と真波だったが、坂道はトラブルで真波に離されてしまう
一方ゴール地点にいる荒北は、負けてから成長を遂げた真波の勝利を予想
それに対し、金城は坂道のある過去を語り始め…!?


★目次はこちら★


前回を詳しく読みたい方は弱虫ペダル ネタバレ【530】をどうぞ!

<弱虫ペダルの電子コミックはこちらがオススメ! 立ち読みもカンタンです!>




山王
瞳に宿るは、その名にふさわしき…
覚悟!!

それでは、弱虫ペダル ネタバレ
 【531:この1年の小野田】のスタートです!!



ゴール地点にいる総北OBの金城、田所、箱根学園OBの荒北

金城
「ヤツはインターハイ優勝とほとんど同時に大切なものを失ったんだ
心から憧れた先輩が 突然目の前からいなくなった

少し語ろうか
この1年の小野田と オレが総北のキャプテンとして最後にした
仕事のことを」



金城の回想

昨年8月

夏休み中の学校の廊下で偶然会う金城と巻島

インターハイで優勝したことで、雑誌の取材が来ていることを巻島に
伝える金城

その金城に大事な話があると切り出す巻島

巻島
「こんなトコでこんなタイミングで話すことじゃァねェってのは……
わかってるショ

すまねェ ずっと言い損ねてた… おまえと田所にはホント助けて
もらったし3年間マジで一緒にやってきたから…」

先生方にはすでに話してあり、授業はレポートで代用してもらうことで
卒業資格をもらうという

巻島
「9月からオレ イギリスにいくショ 退部届も…出した
言うのが遅くなって………すまねェショ」



その頃小野田は鳴子や今泉と練習していた

歌を歌いながら走り上機嫌な小野田

小野田
「何ていうか…ボク… ひとつ夢を叶えたから… 嬉しくって」

夢とはインターハイ優勝のことかと思う鳴子と今泉

小野田
「皆さんと一緒にアキバに行けたから!!

先輩たちや鳴子くんや今泉くんたちとアキバに行けてお礼も言えて
ボクはもう何も思い残すことはないよ!!

はあああ楽しかったなぁ あの時間ー」

突っ込みたい鳴子 小野田には通じないといさめる今泉

小野田
「昔から夢だったんだよ ボク
友達と… 皆で… アキバに行くのが いつもボク 1人だったから」

それはそれで小野田らしいと認める2人

だが、またアキバに皆を、特に巻島を誘おうとする小野田を、慌てて止める2人



その後、鳴子と今泉は平坦道へ、小野田は山の練習コースへと分かれる

峰ヶ山ルートで小野田を待っていたのは巻島だった

一緒に走り、巻島から「オレたちの総北をたのむぜ坂道」と言われて
嬉しくなる小野田



夕方になり、部室へと戻ってきた小野田を待っていたのは3年の2人だった

小野田
「あ お おつかれ様です ど どうしたんですかお2人ともお揃いで
ちょっと今 巻島さんと走ってきたんです 誘っていただいて」

巻島と一緒に走れたことが嬉しくてテンションが高いままの小野田

小野田
「やっぱりスゴイですよねー巻島さんは!! 速いしカッコイイし!!
 
あ カッコイイというとおこられるんですが
今日の背中は一段と 何といいますか 
訴えかけるようなとても神々しい背中でした!!

うれしい言葉をかけて頂きました…
はっ すいません ペラペラとしゃべってしまって 着替えてきます

どなたかお待ちだったんですか」

田所
「おまえだよ」

金城
「小野田 話がある」

自分が何かしでかしたのかと焦る小野田

金城
「おまえの話じゃない 巻島だ」

小野田
「え 何ですか 
巻島さん 何かのレースにまた出るんですか 

それボクも一緒に出れますか!?
まだ ボクは教えてほしいことがたくさんあるんです!!」

金城
「落ちついて聞け 小野田」

金城の言葉に呆然とする小野田

小野田
「え? イギリ……… もう……… 来ない……?んですか
へ? 部活……… 学校にも? 巻…さ…」



それからの小野田は見ている方が苦しくなるくらい気落ちして元気が
なくなり、練習中も無理をしてよく転ぶようになってしまう

宙を眺めてぼうとすることも多くなる

小野田
「ダメだ… こんなことじゃ… ダメだ 
約束したんだ ボクが総北を… 強くするって… …なのに」

そんな小野田を見ていた金城は、手嶋にかけあい、小野田を1日預かることにする

金城
「手嶋 もうオレはおまえに預けて部を引退した
口出しできる立場にはない だがひとつだけ 

キャプテンとしての仕事をやり忘れていることに気づいた
明日1日 小野田を借りれるか



金城は小野田を連れ出し、海へと向かう

特別練習メニューだと聞いていた小野田は、本当に海へ着き驚く

金城
「小野田 あの沖のブイに石を投げて当てられるか?」

小野田
「へ?」

金城
「実はな 
中学の頃 オレにも 心から憧れて 尊敬した先輩がいたんだ」

金城は自分の経験を語りだす


****感想****

巻島さんがいなくなったことのダメージが大きすぎますね

練習中もムリして転びまくってるなんて、まるで真波くんと一緒じゃ

ないですか

自分がチームを強くしないとって思いこんで、空回りしてるのも同じ

これがあったから、今泉くんは4月に小野田くんが部を辞めるかも

しれないって思って心配していたのですね


真波くんは委員長に話すことで立ち直りましたが、

小野田くんは金城さんの話をきいて立ち直るんでしょうか?

ちゃんと胸張って巻島さんに会えるように頑張ろうって?


巻島さんがイギリスに行ってから、小野田くんはとにかくいっぱい

手紙を書いて一方的に送っていたように思ってたんですが、まだ送って

なさそうな感じですよね

金城さんの話を聞いて、巻島さんに毎週のように手紙を書いて送ること

で立ち直っていったのかな?


来週は金城さんの過去を聞く回みたいですね

金城さんの中学生の頃はどんなだったんでしょうか?

やっぱりその頃からカッコよかったのだろうか?



今日はこれでおしまいです。
来週もどうぞよろしくお願い致します。



★最近の記事はこちら★

弱虫ペダル ネタバレ【530】

弱虫ペダル ネタバレ【529】

弱虫ペダル ネタバレ【528】

弱虫ペダル ネタバレ【527】

弱虫ペダル ネタバレ【526】




スポンサーリンク






nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
外為ジャパンを紹介