So-net無料ブログ作成

弱虫ペダル ネタバレ【535】 [ネタバレ(あらすじ)]

みなさま、こんにちは。

さて、今回は
弱虫ペダル ネタバレ【535】をお送りします

U-NEXTで「弱虫ペダル」全シリーズが絶賛配信中!

しかも31日間無料お試しだよ!

詳しくはこちら





まずはあらすじからです!

IH最終日
ビンディングが外れた坂道は真波に離され、ゴールまで残り500mの地点で10mの差をつけられてしまう
先頭の真波が東堂の応援で更に加速する一方、坂道は応援に来た巻島の「オレを抜け」という言葉で、ある過去を思い出し…!?



★目次はこちら★


前回を詳しく読みたい方は弱虫ペダル ネタバレ【534】をどうぞ!

<弱虫ペダルの電子コミックはこちらがオススメ! 立ち読みもカンタンです!>




憧れ続けた巻島の背中-----
それを超える時は今!!


それでは、弱虫ペダル ネタバレ
 【535:越えたい背中】のスタートです!!



峰ヶ山で巻島と一緒に走った最後の練習の時、小野田は最近の 2年生たちの間では、卒業するまでに3年生を抜くぞと意気込ん でいるという話をする

小野田
「今日も最後 負けちゃいましたけど 
ボクも何とか巻島さんが卒業するまでには何とか強くなって
って思ってるんですけど

また そ その時は勝負してもらえますか」

巻島
「……… オレはいつでもおまえと走ってるショ
そう思えば 勝負なんざいつでもできる

つづら折りの登りのカーブで 果てなくつづく1本道で
草おいしげる田舎道で 来年も そのつぎも 

オレはおまえの前を走ってる だから抜け 強くなれ ―――坂道!!」




場面は戻ってインターハイ最終日のゴール前

小野田の目の前に、柵から身を乗り出すようにする巻島

巻島の姿に歓喜の表情を浮かべる小野田

小野田
「(巻島さん!!)」

巻島
「オレはいつでもおまえの前を走ってる!! だから
オレを抜けっショ 坂道ィ!!

小野田
はい!!

途端に気合の入った表情になり加速する小野田

その背中を見送る巻島

巻島
「(―――あの頃 今泉も鳴子も小野田も 
先輩の背中 超えたがってた アツくてガリガリしててなァ

珍しくおまえまで『勝負』なんて言葉つかってヨ
オレはあの日本での最後の峰ヶ山でおまえと走って
おまえの口からその言葉が出た時

秘かにオレは ”成長したなァ”って 思ったんだヨ
いけ坂道 

結果は聞かねェ のこり400mちょっと おまえの出せる力―――)
限界まで 絞り出せショ!!

小野田
「はい!!」



小野田も加速する

小野田
「(巻島さん――― 巻島さんが最後の峰ヶ山で言ってた言葉だ

そうか そういうことだったのか―――
今ごろになって――― こんな時になって気づきました

いるんだ いるじゃないか いつも
そうだ ボクは重ね合わせて走ってきた

この道の先にいつも 世界で一番カッコよく走る―――
巻島さん あなたのその背中を!!)」

今の小野田にははっきりと自分の前を走る巻島の姿が見えている

その巻島が振り返り「抜けるか オレが!! 坂道」と言う

小野田
「はい!! お願いします!!」

跳ね上がる小野田のプレッシャー

前を走る巻島の幻影と勝負する小野田

小野田はぐるぐるとケイデンスを上げる

小野田
「(巻島さん!! 巻島さん!! 巻島さん!!
巻島さんは 体とバイクを傾けて独特のスタイルで登る
世界一速くてカッコイイ クライマー

1年前のインターハイが終わってまだ日の浅い日
皆で3年生を何とか超えたいって話になって ボクはあの時本当に
ボクは生まれてはじめて 誰かを超えたいと思ったんだ!!)」

巻島の幻影と並ぶ小野田

小野田
「(巻島さん!!
ボクはあれからつらいこともあったけどたくさん練習して
少しはあなたに近づけたと思ってます!!)」

横に並ぶ巻島の幻影を見る小野田

巻島の幻影は「どうした坂道 遠慮するなよ 抜け」と言う

思わずぎゅうとハンドルを握りしめる小野田

巻島の幻影は「強くなったな」という言葉と共に、小野田の背に 手を当てて小野田の背中を押すのだった



加速していく小野田の背を見送る巻島

巻島
「クハ 強くなったな 坂道」







****感想****

憧れの先輩、巻島がいなくなったことで、大きな喪失感から練習に

身が入らないでいた小野田くん

手紙を読んでもらってることでちょっと持ち直してたけど、

まだ完全には戻ってなかったんですね

あの最後の日に言われた言葉が、やっとここで身体の中にちゃんと

入ってきました


いなくなったんじゃない 

物理的に距離は離れていてもいつもそばで走っているんだ!!


だからいつだって勝負できるし、力ももらえるんだってことですね

これが「憧れ」だった先輩を超えた瞬間

憧れのままではいつまでも後ろしか走れない

超えてこそ、一緒に走ることができるんですね


さて、のこりは400m

真波くんとの差はどのくらいでしょう
主にビンディングのトラブルでついた差だから、体力面精神面では

負けていないはず

でもさすがに追いつくのはゴール前ギリギリかなぁ



今日はこれでおしまいです。
来週もどうぞよろしくお願い致します。



★最近の記事はこちら★

弱虫ペダル ネタバレ【534】

弱虫ペダル ネタバレ【533】

弱虫ペダル ネタバレ【532】

弱虫ペダル ネタバレ【531】

弱虫ペダル ネタバレ【530】




スポンサーリンク






nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
外為ジャパンを紹介